2002年、6月4日、日韓W杯(ワールドカップ)グループリーグ初戦のベルギー戦でピッチに入場する森岡隆三(写真:Press Association/アフロ)

「2002年日韓ワールドカップ? 僕にとってはサッカー人生最高の時でもあり抹殺したい記憶でもあります」……。日本中を熱狂と興奮の渦に巻き込んだ16年前の祭典の最中に1人もがき苦しんでいた男がいた。

トルシエジャパンで大黒柱の1人として活躍した森岡隆三

2002年6月4日、埼玉スタジアム。青一面に染まったスタンドの異様な熱気をひしひしと感じながら、日本代表はベルギーと自国開催のワールドカップ初戦を戦っていた。序盤からベルギーに主導権を握られながらもしっかり耐えて、いい守りができていたのは、キャプテンマークを巻いた森岡隆三(現J3ガイナーレ鳥取監督)の傑出した統率力と的確なラインコントロールがあったからだ。

「監督が(フィリップ・)トルシエじゃなきゃ、俺は呼ばれてなかった」と本人も認めるように、180僂塙發気里覆DFに「フラット3」の異名を取る3バックの中央を任せるのはリスクが高い。その小柄な体躯にもかかわらず、彼は相手との駆け引きに長け、臨機応変にカバーリングやサポートに入れる判断力と対応力を備えていた。

「自分で考えられる選手」を求めるフランス人指揮官にとって、クレバーさと読みの鋭さを誇る男の存在は非常に大きかった。当時所属していたJ1清水エスパルスのオズワルド・アルディレス監督がその力を磨いてくれたことも追い風になったと言える。2000年シドニー五輪8強、同年アジアカップ(レバノン開催)制覇、2001年コンフェデレーションズカップ(日本開催)準優勝とトルシエの下で成功を収めてきた森岡は、紛れもなく守備の大黒柱の1人だったのだ。

ベルギー戦前半を0-0で折り返した後半12分、日本はベルギー代表キャプテン、マルク・ヴィルモッツ(前ベルギー代表監督)のオーバーヘッドで先制点を許す。それでもひるむことなく打ち合いを演じ、2分後には鈴木隆行(現解説者)の歴史的ゴールで1-1に追いつく。後半24分には稲本潤一(現J1コンサドーレ札幌)の2点目が生まれ、逆転に成功。そのまま守り切れば、勝ち点3を手に入れられるところまで来た。


試合中の森岡隆三選手(当時)(写真:Press Association/アフロ) 

その矢先の後半27分、背番号4に異変が起きる。相手との接触から左足裏がズキズキと痛み出し、ひざ下の感覚がなくなったのだ。

「何だ、これは一体?」

パニック状態に陥った森岡のところにドクターが駆け寄ったが、プレーには支障がないはず。けれども、どうしても違和感は拭えず、自ら尻もちをついて交代をアピールする羽目になった。代役には直前の練習試合で鼻骨骨折を負い、フェイスガードをつけた宮本恒靖(現J3ガンバ大阪U-23監督)が入る。1つ年下の宮本とは親友でもあり、同じポジションを争ってきたライバルでもある。森岡の胸中は複雑だったに違いない。

「ツネの熱狂的ファンから『正義は勝つ』と書かれた分厚い手紙が届いたこともありましたね」と森岡は苦笑する。

これを境にキャプテンはピッチから遠ざかった。2-2の引き分けに終わったベルギー戦翌日のクールダウンには参加したものの、2日後の実戦メニューは10分も持たない。

「言い表せない鈍痛があって冷や汗しか出てこなかった」と本人は述懐する。さまざまな病院へ出向いて検査をしても原因は突き止められない。痛み止めの注射や酸素カプセルなどありとあらゆる手段を講じたが、症状の改善は見られず、諦めに似た心境が襲ってきた。

「もう自暴自棄ですよ。レクリエーションみたいなゲームの間に伸二(小野=現J1コンサドーレ札幌)が冗談交じりに『決めろよ』と茶々を入れてきて、とっさに『うるせえ』とキレてしまったほどでした。後から謝ったけど、もう自分はここから去った方がいいんじゃないかと思うくらい、精神的に追い込まれていましたね」

支えてくれたベテラン勢への感謝は忘れられない

チームは9日のロシア戦(横浜国際)を1-0で初勝利し、14日のチュニジア戦(大阪・長居スタジアム)でも2-0で圧勝。グループ1位突破を決め、大いに盛り上がった。が、チームの力になれない情けなさから森岡はやり場のない気持ちを抱えながら日々を過ごしていた。そんな時、献身的にサポートしてくれたのが、秋田豊(現解説者)、中山雅史(現J3アスルクラロ沼津)、モリシ(森島寛晃=現J1セレッソ大阪強化部長)といったベテラン勢。彼らへの感謝を彼は忘れたことがないという。

「みんなスタートで出られないのに雑務とかを率先してやっていた。僕のことも気遣ってくれて、どれだけ助けられたか分かりません。だからこそ、一番うれしく、鮮明に記憶に残っているのがモリシのチュニジア戦の1点目。気がつけばベンチから飛び出してみんなと喜びを爆発させてました」

しかし、日本は18日のラウンド16・トルコ戦(宮城)でアッサリと0-1で敗戦。土砂降りの雨とともに、トルシエジャパンの戦いは終わりを告げた。清水の後輩である戸田和幸(現慶応大学コーチ)や市川大祐(現清水普及部スタッフ)らが号泣する姿を目の当たりにしながら、森岡はその場から逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

「僕にとっての2002年は埼玉の青一面のスタンド、初戦のケガ、小野伸二とのケンカ、モリシのゴールの4つだけ。夢に描き続けてきた大舞台がこんな形で終わるなんて、想像だにしませんでした」と彼はしみじみ言う。

代表から離れるや否や、森岡はラスベガスへ行き、カジノで散財したという。ワールドカップの余韻の残る日本から逃げ出したのだ。「安易に『サッカーの匂いの全くないところ=ラスベガス』だったけど、心も体もリフレッシュできたとは言えなかった。今思えば当然なんですけど(笑)」

その後もなかなか足は良くならず、2カ月弱の安静の後、手術に踏み切ったが、今度は復帰直前に原因不明の高熱が出て1週間の入院を余儀なくされる。毎日薬漬けで、病院のベッドから天井を仰ぐだけの日々はやはり苦しかった。

2006年ドイツ、2010年南アフリカの2度のワールドカップを経験している中村俊輔(現J1ジュビロ磐田)もそのたびごとに発熱や体調不良に陥り「悪魔に取りつかれた」と話したと言われるが、ワールドカップという4年に一度の大舞台がどれだけ選手にダメージを与えるのかを森岡自身も周囲も再認識したはず。それが自国開催となれば、のしかかる重圧は計り知れないものがあった。

「2002年は1年間ほとんど試合に出られず、出場給(契約条件として年俸が基本給と出場給から構成されていた)がないから、税金を支払えば報酬がマイナスの月もあった。この頃、僕はアパレルの仕事を副業でやっていたのですが、そっちの方でもうまくいかず、人生の授業料を払うことになりました。全ては自分が招いたこととはいえ、本当にしんどかったですね。

2002年は一番の喜びと、一番の絶望を味わった年だった。ワールドカップという夢の場所に立てたことは喜びだったけど、ケガやトラブルでどん底を味わいましたからね」と森岡は16年前の紆余曲折を思い出していた。

ケガが癒えてピッチに戻った2003年以降もプレーのイメージと現実のギャップに苦しみ続けた。ジーコジャパンにも発足当初は呼ばれていたが、2003年コンフェデレーションズカップ(フランス開催)直前のアルゼンチン戦(大阪・長居)を最後に代表から遠ざかる。清水も2002年元日の天皇杯を制して以来、タイトルから遠のくようになる。30代に差し掛かるにつれて、森岡自身はもがき苦しむ時間が長くなった。

一家に一台あるベテラン

「僕は後ろから声を出して周りを仕切るタイプの選手だった。それが口ではいろいろ言うくせに、自分がいいプレーができないんだから、言動が伴わないことになる。自分自身、情けなく本当にもどかしかったですね(苦笑)。エスパには11年半いて、『いずれはクラブに残って指導をしてほしい』みたいなことも言われていた。

2005年から指揮を執った健太(長谷川監督=現J1FC東京)さんもサブメンバーに入れてくれて、『一家に一台あるベテラン』として扱ってくれました。ユーティリティ性や安心感を買ってくれたんだと思いますけど、今、考えると本当に恵まれた環境だった。自分もずっと残るつもりで2005年にマンションを購入しました。だけど、『本当にこのまま居心地の良いところにいるだけでいいのか』って気持ちが強まって、2006年いっぱいで外に出る決意をしたんです」

2007年に赴いた新天地は京都サンガ。当時J2に所属していて、森岡にとっては初めての下部リーグでのプレーだった。移籍当初の筋力測定ではママさんバレーボールの選手並みの数値しか出ず、フィジカルコーチにも驚かれたというが、キャプテンとして1年目は22試合に出場。チームのJ1復帰を力強く牽引することができた。

だが、2年目は出場機会が激減。8月末には選手として来季契約しないことを告げられた。

「J1残留を決めたNACK5での大宮アルディージャ戦に終盤(87分から)、クローザー的な役割で出て、何とか仕事らしい仕事ができたんです。

その前日、サッカー人生で初めて代理人にお願いをしてチームを探してくれるよう頼んだのに、試合終了の笛が鳴った瞬間、なぜか自分自身も『終わった』という気がしたんです。ストンと何かが抜け落ちたような。ホテルに戻るとすぐに嫁さんに電話して『やっぱりやめるわ』と伝えたら、『たぶんそういうと思った』と返事がありました。妻はいつも僕の決断を黙って受け入れてくれた。そういう家族には心から有難く感じています」
 
2008年限りで15年間のプロキャリアに終止符を打った森岡隆三。これが33歳だった彼の第2の人生の始まりだった。

(文中敬称略、後編に続く)