shin201803061500-1

写真拡大 (全5枚)


日本最大級の“食べる・買う・学ぶ・体験”ができる新しい都市型マルシェ「太陽のマルシェ」が、3月10日(土)・11日(日)に東京中央区勝どきにて開催される。

今月は「花粉症・風邪予防」をテーマに、体の内側から免疫力を高めてくれる食材が大集合。出店する店舗数は約100店舗と大規模だ。

いくつか出店予定の店舗を紹介しよう。


まずは、青森県田子町産の熟成黒にんにく携えて出店する「100%青森田子にんにくの八福」。黒にんにくは、血行を良くして免疫力を高めてくれるため、アレルギーを抑制し、風邪を予防してくれると言われている食材だ。


「佐京園」は、“山の万薬”と呼ばれる茶カテキンたっぷりの深蒸し茶を提供。茶カテキンは、抗菌・抗アレルギー作用があり、花粉症や風邪の予防にピッタリ!


「Chasane (チャザンヌ)」は、日常的に飲みやすいオリジナル茶を販売。体の悩みにも合ったお茶を紹介してくれる。

「white taiga」では、ロシア産の生はちみつを販売予定。生はちみつには花粉が含まれているため、体の内側から免疫をつけることができる。


キッチンカーも充実している。例えば、「カフェ・インペリアル」で食べられるのは、食材とスパイスのみで作ったグルテンフリーの薬膳自然カレー。ビーガン・ベジタリアン向けのカレーも用意しているとのこと。※3月11日(日)のみ

また、事前申込制だが「桜の盆栽」が作れるワークショップも開催予定。桜の苗を鉢に植え込み、苔をはったり化粧砂でアクセントをつけたりして、自分だけのオリジナルの盆栽を作ることができる。

「太陽のマルシェ」で体の内側から免疫力を高めて、春をパワフルに過ごす準備をしよう!