2019年のiPhoneでは、iPhone Xのディスプレイ上部にあるノッチ(切り欠き)が廃止され、完全なフルスクリーンデザインになる、と韓国メディアET Newsが業界関係者から得た情報をもとに報じています。

2019年のiPhoneではノッチが廃止?

Appleが、ノッチがなく本体表面を有機EL(OLED)ディスプレイで覆うデザインのiPhoneを2019年に発売できるよう関係企業と議論している、とET Newsは報じています。
 
同メディアによると、2019年のiPhoneにも顔認証のFace IDが搭載されるそうですが、ノッチを廃止した後にフロントカメラや通話時に耳に当てるレシーバーがどこに収まるかは不明です。
 
画面サイズ、解像度や形状などについても具体的な情報はありません。

ノッチは今後縮小との報道も

2017年秋に発売されたiPhone Xには、iPhoneシリーズで初めてホームボタンを廃止したフルスクリーンデザインが採用されました。
 
今年秋には、iPhone Xの後継となる5.85インチと大画面の6.46インチのOLEDモデルに加えて、低価格の6.04インチ液晶モデルの3モデルが発売され、いずれもiPhone XのようなフルスクリーンデザインにFace IDを搭載すると予測されています。
 
画面上部に設けられた、ユーザーの顔を3Dイメージで認識するTrueDepthカメラを搭載するためのノッチは、2018年のiPhoneでは縮小するとも報じられています。
 
中国メーカーASUSが発表したZenFone 5など、iPhone Xそっくりなノッチが設けられたデザインのスマートフォンが発表されているほか、次期Androidはノッチに対応したデザインが導入されるの報道もあります。

 
 
Source:ET News
Photo:ConceptsiPhone
(hato)