一人暮らしの部屋選びのポイントを解説(写真/アフロ)

写真拡大

 進学や就職などで、春からひとり暮らしを始めるという人も多いはず。ひとり暮らしの場合は、約半数が1つの不動産会社を訪問し、平均2.9軒の内見で部屋を決めているという。

「特に学生の場合は、部屋探しから契約まで5日未満という人が多く、短期間で効率よく探しているようです」と、住宅情報のポータルサイト『SUUMO』を運営する『リクルート住まいカンパニー』の田辺貴久さんは言う。

「よい部屋を見つけるには、内見する物件を決める前に担当者とよくコミュニケーションをとることが大切です。内見する直前に入居者が決まってしまった場合などに、希望条件をしっかり伝えてあれば、別の物件を複数手配してくれるなど、親身になってもらえます」

 内見は、管理会社と連絡がつきやすい、平日の午前中がオススメ。短期間で契約までスムーズに行うためには、契約する親と、実際に住む子が一緒に行くのがオススメだ。

 そこで、初めての部屋探しにおいて抑えておくべき7つのポイントを紹介しよう。

【1】ネット利用でリサーチ
 土地勘のない遠方から部屋を探す場合、まずはネットを利用して物件を探すことになるだろう。気になるエリアなどを幅広く検索して、数多くの物件を見ていけば、家賃相場もわかり、住みたい部屋のイメージが固まる。

【2】条件をまとめる
 通勤通学の利便性、家賃や間取りなどの条件を絞る。アパートかオートロックのマンションか。日当たりは? エアコンの有無やインターネット環境なども確認を。

【3】不動産会社に連絡する
 気になる物件が見つかったら、取り扱う不動産会社に問い合わせる。メール連絡も可能だが、物件の動きが早いこのシーズンは電話で空き状況を確認しよう。内見を予約し、条件に合う他の物件があれば紹介してもらおう。

【4】2〜3の物件を内見する
 内見は2〜3軒見比べてみよう。実際に部屋を見ると、間取り図や写真ではわからない、雰囲気や汚れなども確認できる。“違う”と思ったら、その場で理由をはっきり伝えると、希望に合う物件を再提案してもらえる。

【5】申し込み後、審査に3〜7日かかる
 気に入った物件が見つかったら申し込む。物件はキープしておくことが難しいので、決めたらすぐに申し込みの手続きが必要。その後、大家や保証会社による審査を経て契約となる。また、「即入居可」の物件であっても、審査に数日かかる。あらかじめ審査時間を考慮しておこう。

【6】契約成立
 審査に通ったら、必要書類をそろえて契約する。遠方に住んでいるなど、契約時に再度不動産会社を訪れるのが難しい場合は、事前に契約前の重要事項の説明を受けておけば、後日、書類を郵送できる場合もある(要相談)。契約時には前家賃や敷金礼金、仲介手数料など合わせて数か月分の初期費用が必要なことが多い。

【7】引っ越し前に物件の状態確認を
 無事に契約を済ませて引っ越しが決まったら、入居前に部屋にキズや破損箇所がないか確認しておこう。

「床や壁の汚れやキズ、畳やカーペットの焦げ跡などがあれば、指摘しておかないと、退去時に原状回復を求められることがあります。大家さん立ち会いで確認ができない場合は、スマホなどで日付入りの写真を撮り、証拠を残しておくことが大切です。荷物を運び入れる直前にでも、固く絞った雑巾で拭き掃除をすると、細かいところまでチェックできます」(田辺さん)

 また、キッチンの収納扉や押入などのあらゆる扉を開け、殺虫や防虫効果のあるくん煙剤をたいておくと、ゴキブリなどの害虫駆除ができる。余裕があれば、別の日に、浴室で防カビくん煙剤をたくのもオススメだ。

※女性セブン2018年3月22日号