記事画像

写真拡大

肉と野菜をグツグツ煮込み、ルーを入れるだけで完成するカレー。簡単なのに間違いなく美味しいという、なんともありがたいメニューですよね。スパイスや具材をアレンジすれば自分だけの一皿が作れるという点も料理好きの心をくすぐります。

そんな"日本の国民食"カレーについての興味深い調査結果がこのほど発表されました。なんでも「金曜日に家族でカレーを食べると幸福度が増す可能性」があるのだとか...!

実はこんなにも家族みんなに嬉しいメニューだった

調査を実施したのは、カレーやスパイスのメーカーとしておなじみのエスビー食品。

同社では、家庭でカレーが食べられるのは「金曜日」が最も多い(ライフスケープマーケティング「食MAPデータ」の「家庭での夕食時 カレー食卓登場頻度<曜日別>」より)ということに着目し、その実態やメリットを探ることに。2018年2月、20〜50代の子持ち既婚男女1000人を対象にアンケートを行いました。

本題である幸福度の前に、そもそも家族が夕食時に自宅にそろうのか...というところが気になるところ。そこでアンケートでは「家族全員で食卓を囲む頻度」について質問。その結果、20代と30代は頻度が高く、両年代では「ほぼ毎日」という回答もそれぞれ約4割を占めました。

さらに数年前に比べて金曜日に家族がそろうことが増えたかどうかも質問したところ、「増えた」という人は47.3%、「減った」という人は52.7%とほぼ半々に。ただ、ここでも20代と30代は「増えた」が過半数を超えており、金曜日は若い世代を中心に自宅で食卓を囲んでいる人が多いことが分かりました。

アンケート対象者のうち、実際に「金曜日に家庭で手作りカレーを食べる」という人は約半数の494人という結果に。

理由としては「いつ食べても美味しい」(82.6%)、「家族が好き・喜ぶから」(81.4%)、「子どもが好き・喜ぶから」(81.2%)、「献立に困った時に作りやすい」(80.6%)などが上位にあがりました。また「金曜日に手作りカレーを食べたくなる」という人(408人)に理由を聞くと、「食べると元気が出る」(57.4%)、「土日も元気に過ごせる気がする」(43.4%)、「疲れた体が癒される」(40.9%)などがあがりました。

平日の仕事疲れを癒し、子どもも喜ぶお手軽料理。金曜のカレーは家族だれにとっても嬉しいメニューなんですね。

金曜カレーでよく眠れるように?

しかも「金曜カレー」のメリットはそれだけではないようです。

アンケートでは土日休みの人(851人)に「1週間の内で気持ちよく寝ることができる曜日」を聞いてみたところ、「土曜日」「金曜日」「日曜日」の順となりました。これを、その曜日にカレーを食べた人でみてみたところ、すべての曜日で気持ち良く眠るスコアが高くなっていました。さらに全体の睡眠満足度と各曜日にカレーを食べた人の睡眠満足度の差をみてみたところ、その差が最も大きかったのが、金曜日だったんです。

金曜日の手作りカレーは、睡眠の質を高める効果も期待できるみたいです。

エスビー食品は金曜カレーの効果をさらに探るべく、専門家監修のもと「脳波測定調査」まで実施。同じく家庭の定番食であるハンバーグと比較し、父母子の4家族がそれぞれの香りをかいだ際と食べた際の脳波の変化を調べました。

その結果、カレーの香りがハンバーグ以上に被験者の好意度(好ましい状態、うれしい状態の時に上昇する脳波)を上昇させ、食後にも好意度を上昇させる可能性があることが判明。また、「ストレス度」について、カレーとハンバーグの食事前後を比較したところ、特にカレーの方がより顕著に「ストレス度」を軽減させる可能性があることがわかりました。そのことから、カレーは楽しく食べられ、ストレスを下げる可能性があるメニューだと結論づけました。

おなじみのカレーが金曜に家族と一緒に食べることで睡眠の質や幸福度をアップさせてくれる可能性がある、というのは面白い話ですよね。