日本の現役“セクシー女優”トリオが韓国で音楽デビュー。K-POPガールズ戦争で生き残れるか

写真拡大 (全3枚)

とある日本人ガールズグループの韓国デビューがひそかに話題となっている。

ガールズグループ名は「HONEY POPCORN」(ハニー・ポップコーン)。アイドルらしい可愛らしいネーミングだが、デビュー前から話題になっているのは、メンバーたちの経歴にある。

同グループは三上悠亜、桜もこ、松田美子の3人で構成されているのだが、彼女たちはいずれも日本の“セクシー女優”なのだ。

【画像あり】元SKE48の三上悠亜らセクシー女優3人によるガールズグループが衝撃の韓国デビュー!!

それだけに多くの韓国メディアでも報じられている。

「韓国デビューする成人映画俳優、グループ名“HONEY POPCORN”で活動する」(『スポーツ・ソウル』)、「日本の有名AV女優、韓国でガールズグループとしてデビュー」(『アジア・タイムズ』)といった具合で、大手一般紙の『中央日報』でも「日本AV出身俳優、韓国で3人組ガールズグループとしてデビュー」と報じられたほどだ。

韓国で人気の意外なセクシー女優たち

そもそも韓国では、日本のセクシー女優たちがかなり以前から有名だ。


めぐりの韓国ファンミーティング時のポスター


韓国では日本のAVが合法的に流通されていないが、相田由美、麻美ゆま、穂花、小澤マリア、吉沢明歩など日本のセクシー女優たちは広く知られている。蒼井そらなどはファンクラブも存在したほどだ。

韓国では今でも日本のAVの合法的な流通は禁じられているが、ネットの闇ルートなどで出回っている。

韓国成人映画の“栄枯盛衰史”によると、闇ルートで韓国に入ってくる日本のAVに押されて、韓国の成人映画市場が壊滅的な打撃を受けているともいわれている。

その韓国成人映画に辰巳ゆいや里美ゆりあなど日本のセクシー女優が主演級として起用されることも多く、めぐりなどは2015年12月に日本人セクシー女優として初めて、韓国でファンミーティングを開いている。


(写真=『POPKON TV』)


前出の三上悠亜も昨年10月に韓国でファンミーティングを開催しており、チケットは即完売したらしい。

また、“韓国版ニコニコ動画”と呼ばれる『POPKON TV』では、日本のセクシー女優をマンスリーパーソナリティーに起用したライブ動画を配信したこともあった。

そのタイトルは、「日本のAVアイドルと毎週会える“サウォル愛”放送」。なんでもその時給は12万円ともいわれ、多くのAV女優が出演したらしい。

映画にファンミーティングにライブ動画と、日本のAV女優たちの韓国での活動は多岐にわたるのだ。

セクシー競争過熱のK-POPで生き残れるか

そんななかで今度は歌手デビュー。それもガールズグループとして韓国芸能界に進出するというのだから驚きだ。

三上悠亜はTWICEの『SIGNAL』やApinkの『Cause you’re my star』などのカバーダンスをYouTubeに公開するなど、かねてからK-POPファンであることを公言し、昨年10月に韓国で行ったファンミーティングでは「韓国でアイドル・デビューすることを目指しています」と宣言していたらしい。

晴れてその夢が叶ったわけだ。

ただ、韓国芸能界、特にアイドルたちの生存競争は厳しい。セクシー・コンセプトを全面に打ち出すガールズグループは多く、その過剰な露出や扇情的なパフォーマンスが問題となることも多い。

AVという演技の世界ではセクシーさを売りにしている彼女たちだが、歌唱力やそのパフォーマンスでK-POPアイドルと対等に渡り合い、生き残ることができるだろうか。

ミニアルバムを引っ提げて3月14日に韓国デビューするという「HONEY POPCORN」。彼女たちが韓国でも成功するか、注目してみたい。

(文=慎 武宏)