米カリフォルニア州クパチーノのホールフーズ・マーケットの店舗(2010年8月)。 Photo by , under CC BY 2.0.


 米アマゾン・ドットコムは、昨年、米高級スーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)」を買収したが、その後の展開を見ていると、同社は、一刻も無駄にすることなく、このスーパーマーケットの活用を進めているようだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ホールフーズの商品をPrime Nowで

 アマゾンは今年2月、ホールフーズの商品を顧客宅に即時配達するサービスを、米国の一部の都市で始めたが、このほど、その対象地域を広げる(発表資料)。

 これは、eコマース商品を最短1時間以内で配達する、Prime会員向けサービス「Prime Now」を、ホールフーズの取り扱い商品も対象にするというもの。

 2月時点では、テキサス州のダラスとオースティン、バージニア州のバージニアビーチ、オハイオ州のシンシナティの4都市のみをサービス対象としていたが、今回これに、カリフォルニア州サンフランシスコと、ジョージア州アトランタを加えた。

 このうち、サンフランシスコは、約80万人を抱える、人口規模でオースティンと同等の大都市。アトランタは、人口がその半分程度だが、ジョージア州の州都で、同州最大都市。また、先ごろアマゾンが第2本社の建設候補地として絞った20カ所に入っており、注目されている都市でもある。

肉、魚介類、野菜などを迅速配達

 アマゾンは、この2都市でも、新鮮な自然食品を顧客のもとに迅速配達する。その取り扱い商品は、肉、魚介類、野菜、フルーツ、パン、乳製品、パスタ、缶詰、冷凍食品などと多岐にわたる。サンフランシスコでは、酒類も配達するという。

 上述したとおり、Prime Nowは、アマゾンの有料特典プログラム「Prime」の会員向けサービス。注文から1時間以内の配達の場合は、7.99ドルの配送料がかかるが、2時間ごとに受取り枠を指定する「2時間便」の場合は配送料がかからない。また、1回の注文は、合計金額が35ドル以上である必要がある。

買収直後から新施策続々

 アマゾンが、米国、カナダ、英国に約460店舗を持つホールフーズを、137億ドル(約1兆5000億円)で買収したのは昨年8月末のこと。

 その後同社は、ホールフーズを活用するさまざまな施策を講じている。

 例えば、買収直後からホールフーズの店頭商品を値下げ販売したり、自然食品PB(プライベートブランド)をネット販売したりした。昨年末は、特別セールを実施し、七面鳥などのオーガニック食品を値引き販売したほか、Prime会員限定の割安販売も展開した。

 ホールフーズは、その割高なイメージから、「ホール・ペイチェック(Whole Paycheck:給料のほぼすべてが高額食料品への支出で消えてしまうという意)」と呼ばれていた。アマゾンによる買収前には、こうした値引き販売は考えられなかったのかもしれない。

 また、アマゾンは、2015年から、限定商品を格安で提供する移動販売サービス「トレジャー・トラック」を米国で展開している。これはモバイルアプリで商品を購入し、トラックまで取りに行くというものだが、今年からこれを、ホールフーズの駐車場でも始めた。

 このほか同社は、先ごろ、一定の条件の下、ホールフーズのすべての商品が最大5%引きになる特典も用意した。

(参考・関連記事)「アマゾン、実店舗の集客拡大戦略」

 現在のところ、ホールフーズ商品の即配サービスを受けられるのは、上述した6都市の人々に限られる。だがアマゾンは、「2018年中に米国のさまざまな都市で、サービスを提供する」としている。

 こうして、買収後からこれまでの展開を見ていると、ホールフーズの「アマゾン化」が急速に進んでいることが分かる。今回の即配サービスもおそらく、急速に米国全土へと広がっていくのだろう。

筆者:小久保 重信