有名芸能人の高齢出産は、子どもを授かったという喜びの事実のほうが大きく切り取られて報道されるが…(写真:JohnnyGreig/iStock)

面談ルームの中で、藤岡誠司(54歳、仮名)は、静かに口を開いた。

「4月に55歳になります。子どもをあきらめたわけではないので、できるだけ早く再婚したいんです」

40代、50代で結婚相談所にやってくる男性のほとんどが、藤岡のように結婚後に子どもを授かることを望んでいる。そうなると、お見合いの対象となる女性の年齢も限られてくる。

「30代前半なんてぜいたくなことは言いません」

「お子さんが欲しいとなると、女性は30代がご希望ですか?」


この連載の一覧はこちら

「はい。ただ私も55になるので、30代前半なんてぜいたくなことは言いません。アラフォー女性で探したいです。上限は41くらいでしょうか」

私は、こうした男性が面談に来たときには、いつもこの説明をする。藤岡にも同じことを言った。

高齢になって子どもを授かるのは、非常に厳しい道のりである。

女性の卵子が年齢とともに老化していくというのは、もう周知の事実。卵子が老化すると、まずは受精率も下がる。その境界線が35歳で、受精率が下がるだけでなく、受精して着床したとしても流産する確率が35歳を過ぎると20%を超え、40歳に近づくとそれが40%に上がると言われている。

いっぽう老化するのは、卵子だけではない。男性の精子も同様で加齢とともに濃度や運動率が落ちていく。そんな中で、正常形態の精子は減少し異常形態のものが増えていく。それが女性と同じく、35歳を過ぎたころから少しずつ始まると言われている。

つまり、高齢者同士の妊娠出産の確率は非常に低く、出産にまつわるリスクも高く、染色体異常なども起こしやすい……。

私のこの説明をさえぎるように、藤岡は言った。

「そんなことはわかっています! わかっていますけど、可能性がゼロでないかぎり、そこにかけたいんです。不妊治療も視野に入れています。ただ……」

ここまで言うと、一呼吸置いて続けた。

「不妊治療は女性の体への負担が大きいと聞きます。もしも女性が、『不妊治療はしたくない』と言うのなら、自然に任せて、結果子どもを授からないならそれを受け入れます」

「授からないなら、それを受け入れる」という藤岡の言葉を聞き、今度は私が切り返した。

「それならばなにも、30代後半を狙うという、そもそも成功率の低い婚活をして、その後さらに成功率の低い妊活をすることは、ないのではないですか? ここは考え方を切り替えて、40代後半、50代の同世代の女性と再婚するのはダメなんですか? 残りの人生をパートナーと楽しく豊かに暮らしていくという選択もありますよ」

しかし、藤岡は頑として譲らなかった。

「さっきも言いましたけど、可能性がゼロでないかぎりはそこにかけたい! ベストを尽くしたいんです」

最後のチャンスにかけたい中高年

「子どもをあきらめたわけじゃない」「可能性があるならチャレンジしたい」「最後のチャンスにかけたい」。藤岡が口にしたのと同じ言葉を、40代、50代、時には60代の独身男性からよく聞く。アラフォー女性からも同様だ。

もちろん妊娠と出産には個人差がある。40代初産で母になる女性もいるし、40代後半、50代、60代でも父親になる男性もいる。

それが有名芸能人だったりすると、華々しくニュースに取り上げられる。その裏には、もしかしたら不妊治療も含め、莫大な費用がかかった妊活があったのかもしれないのだが、そこにはいっさい触れず(不妊治療したことを告白する芸能人も中にはいるが)、子どもを授かったという喜びの事実のほうが大きく切り取られて報道される。

そんなニュースは、子どもを授かりたいと願う中高年に希望を与えてしまう。

可能性にチャレンジしていくのは、すばらしいことだ。婚活にしろ、妊活にしろ、他人がとやかく言うことではない。莫大な費用のかかる不妊治療も、そのおカネを出すのは本人なのだし、なにより人生はその人のもの。どんな道を選択しようが個人の自由である。

また、そうした人たちに寄り添い、希望に見合う相手を見つけ、ご縁を結んでいくのが私たちの仕事でもある。ただ、そうした人たちを目の当たりにする機会の多い仲人仲間たち(私も含めて)は、心の中でこうも思っている。

「そんなに子どもが欲しいなら、なぜもっと早い時期に結婚しなかったのか」

この問いに対して、相談に来た人たちはこう答えるだろう。

「仕事が忙しくて、気づいたらこの年になっていた」

「奥手なので、なかなか恋愛する機会に恵まれなかった」

「恋愛をしても、それが結婚につながらなかった」

「結婚話が出たこともあったが、最終的に結婚には至らなかった」

独身のまま年を重ねてしまった人たちの理由は、またそれぞれにあるのだろう。

バツ2で子なし「最後に子どもが欲しい」

藤岡はバツ2だった。身長170cm、肩幅がありスーツの似合う体型ではあるが、額は後退し全体的に髪は薄く、54歳という年相応の見た目だ。現在は個人で会社を経営しており、1000万円を超える年収がある。2回の結婚で子どもは授かっていない。

では、これまでどんな結婚遍歴を重ねてきたのか。

藤岡は有名大学を卒業後、上場企業に就職した。1回目の結婚は、30を過ぎたころだ。安定よりもチャレンジを楽しむきらいがあり、結婚後に10年勤めた会社を退職し起業した。しかし、それは思っていたよりも大変で、事業を軌道に乗せることに躍起になっているうちに、夫婦の気持ちにすれ違いが生じていた。

「妻の気持ちが私から離れていたことに気づかなかったんです。離婚を言い出されたときには、もう修復不可能な状態になっていました」

話し合いの末、「お互いに人生をやり直すなら早いほうがよい」という結論に達した。そして、離婚。その後、藤岡は、“機会があれば再婚したい”と思っていたものの、そのチャンスがないままに年月だけが過ぎていった。

「50歳という年齢が見えたときに急に焦りを覚えました。それで、生まれて初めて大手結婚情報センターに登録をしたんです。子どもが欲しかったので、30代後半の女性に申し込みをかけました。断られることも多かったのですが、数人とはお見合いができました。ただなかなか結果が出せなかった。そんな中で36歳の女性とトントン拍子で結婚が決まりました」

だが、その女性は占いにはまっていた。

「もともと岩手の方だったんですが、占い師に、『関東で暮らせば、幸せな結婚ができる』と言われて、仕事を辞めて上京してきた。占いで見ると僕との相性が抜群によかったようで、結婚には彼女のほうが積極的でした。14歳も下、しかもかなりの美人に、『あなたと結婚したい』と言われたら、そりゃあ、飛びつきますよ」

入籍の日も占いで決めた。出会いから入籍までは、1カ月もかからなかった。

「ところが今度は占いで、“結婚後の生活は西の地域でしたほうがいい”と出たんです。『一緒に関西に引っ越しましょう』と言われた。でも、僕の仕事の拠点は関東だったし、仕事がなくなったら生活していけない。『僕は、関西に行くことはできないよ』と言ったら、ひとりで行ってしまった。入籍したものの、結婚生活の実態がないままに離婚となりました」

その後は、婚活することもバカらしくなり、3年が過ぎた。しかし、55歳という年齢が近づいてきて、またも焦りを覚えたのだという。そんなときにこのコラムを読んで、私を訪ねてきた。

年の差婚に「国際結婚」という選択

どうしても子どもが欲しいという男性には、それを可能にするひとつの選択肢がある。

国際結婚だ。私は藤岡に聞いた。

「国際結婚は、考えてはいませんか?」

「国際は、視野に入れていません」

きっぱりと拒否してきた。

国際結婚なら、40代、50代、60代の男性が、出産可能な20代、30代と結婚できる可能性がグンと高くなる。

昨年、私の相談所の44歳の会員男性が25歳の中国人女性と、また年明け早々には、57歳の男性が29歳のタイ人女性と国際結婚をしている。

44歳の男性は昨年の2月に入会し、「20代の女性と結婚したい」と言って譲らなかった。そこで20代限定で申し込みをかけていたのだが、すべて断られていた。そんなときに25歳の中国人女性からお申し込みがあった。「国際結婚はしたくない」と当初は言っていたが、「会うだけ会ってみたら」という私の後押しに、新宿でお見合いをした。

現れたのは、化粧っ気のない素朴な感じのする中国人女性。肌がツルツルで笑顔がとにかくかわいらしかった。お見合い後交際に入り、すっかり彼女を気に入った彼は、3カ月足らずで結婚を決めてしまった。

57歳男性は、55歳のときに私の相談所に入会してきた。藤岡と同様、自営業の男性で、年収が1500万円近くあった。そこから1年半ほど30代後半から42歳までの日本人女性と見合いを重ねたのだが、うまくいかなかった。

ただ、彼と藤岡が違うところは、“何がなんでも子どもが欲しい”と思っていたところだ。そこで彼自らが国際結婚を視野に入れるようになり、昨年夏に、国際結婚を専門に扱っている相談所を介してタイに行き、そこで数人のタイ人女性と見合いをして、現在の29歳の妻を選び、1月に入籍した。

この2つの話を藤岡にしたのだが、彼は頑なだった。

「そもそも文化が違う環境で育ち、言葉も違う女性とは、コミュニケーションが取れるとは思えません」

確かにそのとおりだろう。

また、国際結婚には、さまざまな問題があるのも事実だ。

在日の外国人の場合、ビザの期限切れが迫ってくると、日本人と結婚をして配偶者ビザを取得したいがために結婚する人もいる。育った環境が貧しい国の女性だと、家族に仕送りすることを目的に、日本人男性を金づるだと割り切って結婚することもある。ブローカーが介在する偽装結婚も問題視されている。そして何より日本人同士の結婚に比べて、国際結婚は離婚率が高い。日本人同士の離婚率が約3割なのに対し、国際結婚は倍以上の約7割という数字が出ている(厚生労働省「平成27年人口動態統計」調べ)。

そのほかにも、発展途上国の女性との国際結婚は、周りから先入観や偏見の目で見られることも多い。

だが、親子のような年の差の国際結婚をして幸せに暮らしているカップルがいるのも、また事実だ。

私が仲良くさせていただいている仲人の男性(バツイチ)は、会員と一緒に中国に出向き、50歳のときに30歳の中国人女性とお見合い結婚をして、55歳で子どもを授かった。現在は2歳になる女の子の父親で、家族仲良く暮らしている。彼がこんなことを言っていた。

「前のカミさんのときは、嫁姑の仲が悪くて、それも離婚原因のひとつになった。中国の女性と結婚するのを知ったときに母はいい顔をしなかったけれど、今母と嫁は仲良くやっていますよ。中国人は親を大切にする国民性なので、母にもすごくよくしてくれて、母は嫁をとてもかわいがっています」

結婚は、日本人同士にしろ、国際結婚にしろ、相手を見極める目が大切なのではないか。また結婚後の生活で、どれだけお互いを思いやれるかにかかっている気がする。

年の差婚も「婚活アプリ」なら可能だ

もうひとつ、私は藤岡に提言した。

「婚活アプリを利用したことがありますか?」

「ありません」

「婚活アプリなら、50代のある程度収入のある男性が30代の女性と会うことも相談所より容易にできると思います。ただ、会えることと結婚できることは違います。会えることに満足していると、デート代だけがかかって、無駄に時間が過ぎていきますよ」

私は、婚活アプリでの出会いを決して否定はしているわけではない。アプリで出会って、幸せな結婚をしているカップルもいる。登録料金も安いし、大手になると、600万人近い登録者がいるところもある。

ただ登録するときに、独身証明書や収入証明書などの各種書類の提出が任意なので、うその情報で登録しているやからもいる。つい最近も私の相談所の女性会員が、並行して有名な大手の婚活アプリで活動をしていたのだが、そこで知り合った男性とお付き合いをしたら、彼が既婚者であることがわかった。

また、前出の国際結婚をした44歳男性も、いっとき相談所と並行してアプリでの婚活をしていた。大手企業に勤め、1000万円近い収入のある彼は、婚活アプリならば20代前半の女性とも会うことができた。ただ、会う時間設定がいつもランチタイムや夕食時で、毎回金額の張るご飯をご馳走し、1〜2度会うと、交際が終わっていた。彼に魅力がなかったから交際が続かなかったのか、女性がパパ活目的だったのか、真相はやぶの中だが……。

選べる分母が広がり、会える確率が上がったからといって、それが結婚率の高さにつながるとは限らないのである。

さて、これらの話を藤岡にすべてしたうえで、彼のアラフォー女性をターゲットにした婚活はスタートした。

独身者が結婚相手を探すときには、個々に譲れない条件や理想があるものだ。その中で婚活には、さまざまな選択肢がある。

どうしたら、自分の理想に近い結婚ができるのか。藤岡をはじめ、「子どもが授かりたい」と思っている30代後半、40代、50代の独身者たちは、理想を掲げるだけでなく、しっかり現実とも向き合ってほしいと思う。