香ばしくジューシーに焼き上げられた焼き鳥を片手に好きなお酒を楽しむひと時…女子だって、こんな幸福シチュエーションが大好物!

焼き鳥はヘルシーだし、このごろはオシャレな空間でバリエーション豊かに味わえる店が増えている。

でも普段使いしたいなら、コスパはいいに越したことはない。そこで6,000円程度の優良コスパで味わえる名店を厳選して紹介しよう。



「串6本コース」2,160円。1本1本見極めつつ、炭火を操りながら丁寧に焼き上げる
焼き鳥×ベルギー麦酒の相性は抜群
『焼鳥HopDuvel』

焼き鳥屋らしからぬ店名と外観に興味を引かれない女性はいない。ここではまず甲斐路軍鶏にこだわる、おまかせ6本コースを推したい。中村農場の甲斐路軍鶏を産地より丸ごと1羽仕入れて、串打ちをする。

銀座『バードランド』で修業した店主・堀晋福氏は、もともと本場の醸造所を訪れるほどの大のビール好き。そこで現在の店では、焼き鳥に合うベルギービールを選りすぐり、相性や好みに応じて提供している。



焼き鳥×ベルギー麦酒で魅了。実りある“元気醸造所”

樽生3種類、大瓶5種類に小瓶10種類を用意し、レバーにはワイン樽で18か月寝かせた酸味のあるタイプを。

山椒が香る皮には、ホップをふんだんに使った苦みのあるタイプで調和させるなど、一本一本に合わせた提案を行っている。

堀氏はソムリエのように、一歩も二歩も踏み込んだ最高の合わせ技で魅了する。正統派の美味な焼き鳥を真っ向から受け止めるベルギービール。感無量だ。




皮は水分をしっかり落としてカリッと。直火と網を使い、火入れを調整しながら絶妙な食感に焼き上げていく
名店仕込みの串打ちが、地鶏の旨みを引き上げる
『焼鳥 今井』

旨みが凝縮されたひと串に魅了される女子が急増中の名店がここ『焼鳥 今井』だ。

『今井』の焼き鳥は、肉を噛んだ瞬間の歯触りにまず驚く。繊維が一定でスッと噛み切れ、噛むほどに旨みがじんわりと口に広がりその余韻が続く。

この食感に仕上げる秘訣は、串打ちにあった。今井氏の串打ちのルーツは修業元の名店『バードランド』にあり、“鶏肉にストレスを与えない”ことを徹底している。



「焼鳥今井のコース」おまかせで4,800円。右・中がソリ。左のレバーは、全体を均一に火入れしてバルサミコ醤油でいただく。食事付きのコースは7,800円

例えば、地鶏は整形して焼くと肉が元に戻ろうと反発して身が縮み、食感が損なわれる。その考えに基づき、奥久慈軍鶏を扱う同店では肉を整形せず、部位の元の位置・形に戻して串を打つ。

串の角度は身と並行に、押し引きしながら徐々に串を通していく。こうした繊細な仕込みがあってこそ、炭火に乗せたときに地鶏の食感と旨みを十二分に引き出せるという。



ワインにもぴったりマッチする女性好みの繊細な焼き鳥だ

ひと口めは塩をガツンと利かせ、少しずつフェードアウトしていくひと串の物語もお見事。串ごとほお張り、その哲学に浸りたい。




「ねぎま」「レバー」「本日の焼野菜」、別皿の「つくね」。コースは1種類で、希少部位や一品料理、ご飯ものなどは追加するシステム
焼き鳥はもちろん、野菜串も絶品!
路地裏に佇む隠れ家『焼鳥 本田』

見逃してしまいそうな細い抜け道に灯る看板。『焼鳥 本田』は、八重洲口からすぐでありながら、周囲の喧騒とは違った空気が流れる場所に店を構える。「万人受けではなく、この扉をわざわざ開けてくれる人に食べてほしい」と語る店主の本田卓也氏。

食べ歩きを重ね、独学で学んだという焼き鳥は、いわゆるタレは使用せず、塩、醤油、オリーブオイル、バルサミコ、日本酒、山椒などで、比内地鶏の各部位の特徴を生かすように味付けを変えている。

特別感あふれる佇まいに加えた細やかなもてなし。内緒にしておきたくなる店に連れていかれる喜びが存在する。



小料理屋のような空間で、カウンターのほか、テーブルと小上がりがある



暗くなると風情を増す、まさに隠れ家的佇まい。彼女の期待も自ずと高まる


恵比寿にある「とろける焼き鳥」って、何!?



人気NO.1のレバーも味わえる「3,500円コース」(税別)がお得!※2時間30分、ワンドリンク制(利用時間は17時〜21時30分)
「こんな焼き鳥、初めて!」と感動必至
『YAKITORI 田崎』

『YAKITORI 田崎』は2013年オープン以来、訪れる女性をその美味しさで感動させ続けている。まず、同店で焼き鳥を味わう時に心得ておきたいのが「串は出てきた瞬間に食べること」だ。

レアな焼き加減で提供される「レバー」や「ささみ」はもちろん、全ての串がとても繊細な火入れが施されている。そのため、出てきた瞬間が一番旨いのだ!

会話に夢中になって、食べ頃を逃してしまってはもったいない。ぜひ、これは覚えておいて欲しい。



コースの一品目に登場するのが「ささみ」。レアな火入れで口に入れた瞬間にとろけていく

3,500円コースの最初の3品は同店でも人気の串が続く。まずは「ささみ」。続いて「レバー」、そして「だんご」だ。この3品が同店の焼き鳥を「とろける」とまで言わしめている絶品串である。

テーブルの上にセットされた2本の文鎮の上に置かれた瞬間から、肉からジュワッと肉汁が溢れてくるので、即口に運んで欲しい。頬張ればスーッと口のなかでとろけていく。



全19席。奥にはカウンター席も備える

田崎の焼き鳥を堪能して頂きたいという想いから初来店のお客様はコース注文に限定しているのもこだわりのひとつ。

使い勝手の良さも魅力の『YAKITORI 田崎』で、とろける焼き鳥を味わってみてはいかがだろう?




焼き鳥7本にパテ付きのコースが3,800円、サイドメニューの白子麻婆も必食!
恵比寿×焼き鳥ならココ!駅すぐの隠れ家焼き鳥
『希鳥』

絶妙な隠れ家感とコスパ、そして提供する料理の美味しさという三拍子が揃い踏みで、グルメな女子が放っておく訳がない!

同店を初めて訪れるならば「焼き鳥コース」をオーダーしよう。スープ、サラダ、レバーパテ、焼き鳥7本、野菜2種がついて3,800円という驚きのコスパだ。

「部位ごとの特徴をじっくりと楽しんで欲しい」という想いから21時まではコースのみの提供というのも、同店のこだわりのひとつ。好きなお酒を合わせながら1本1本の串の味わいを噛みしめたい。



コース終盤で提供される「紅白レバー」も絶品。1口目に白レバーが楽しめるのが特徴だ。同店では「紅白レバー」にシェリー酒のペアリングをすすめている

コースをオーダーするとまずは一口スープ、サラダ、レバーパテが順番に運ばれてくる。食前にサラッと食べられるように工夫を凝らされたレバーパテなど、お酒が進む品を楽しみながら串の焼き上がりを待とう。

『希鳥』の最大の魅力はみやざき地頭鶏の希少部位をいつでも味わえること。 焼き鳥の名店であっても日に数本しか提供できないような部位でも、同店であればいつでもオーダーすることができるのだ。



階段を進み地下1階の引き戸を開けると、焼き場を囲み配される広々としたカウンター席が出迎える

美味しい焼き鳥でしっとりと大人の夜を過ごしたい日には『希鳥』を訪れてみてはいかがだろう。


混んでほしくないからホントは教えたくない!超名店をご紹介



「おまかせコース」(1人前5,800円)※内容は季節により異なる
本当は教えたくない女子が喜ぶ名店
『七鳥目』

名店ひしめく南青山エリアのなかでも『七鳥目』は、2016年10月にオープン以来、グルメな女性が誘われたら嬉しい場所のひとつである。

同店のオーナーは代官山『こけぴよ』出身の川名直樹氏。数々の焼き鳥屋を食べ歩き、研究を重ね、和食の経験も活かして辿り着いたのが現在の『七鳥目』のスタイル。

川名氏が全身全霊で作り出すのは、その時期の旬を取り入れた渾身のワンコースのみ。あれこれ考える必要は一切なく、席について好きなお酒とともに、ただ味わえば良い……これこそ最高の贅沢だろう。



「親子丼」

『七鳥目』の「おまかせコース」は、その日やお客の好みによって内容が異なり、いつ訪れても違った味に出会えるのが嬉しい。

同店で使用される鶏肉は、京赤地鶏と松風地鶏の2種。力強い旨味を味わってほしい。



カウンター席の奥には個室も備える

コースの〆にはぜひ親子丼をオーダーして欲しい。有精卵を使用した濃厚な一杯で、串や一品料理ですでに満たされているはずのお腹にもスルッと入ってしまうほどの美味しさだ。




串打ちして肉の断面を減らすことで、肉汁たっぷりに仕上がる。美味しくいただきたいなら、熱々を串のままガブッと喰らうのが正解!
一串に込められた感動を味わいたい
『鳥かど』

「予約できたよ!」と伝えるだけでも女性の心を掴めてしまう名店がここ『鳥かど』だ。

6年連続でミシュラン1ツ星を獲得している目黒の予約困難の超人気店『鳥しき』の2号店。新店の焼き場を任されたのは、弱冠28歳の小野田幸平氏。『鳥しき』店主・池川義輝氏の心技を継承する串をいただけるとあって、早くも予約が取りづらいお店に。

食べる人を魅了するその旨さの理由は、使用する福島産伊達鶏の肉質や焼きの技術はもちろんのこと、“串打ち”にも隠されている。



右からレバー、かしわ、皮。レバーはひと口めにハツを刺し、ハツのプリッとした食感とレバーのムースのような口溶けの対比を楽しめる。皮は脂を包みこむように波状に打つ

「人は狩猟民族だった頃の名残で、骨つきの肉にかぶりつくと本能的に美味しいと感じる。それを基に、串を骨に見立てて切り分けた肉を元に戻すように刺します。

熱が入りにくいトップとラストはポーションを小さめに、一番美味しい部分は大きめにして、特に熱が入りやすい2番目に置く。起承転結のある、美味しく食べやすい串打ちを心がけています」と小野田氏。



コースはおまかせでストップ申告制。串数によるがお任せ一通り約6,000円前後

いわば、ひとつの串がコース料理のようなもの。ひと口ごとに新しい皿を味わうような感動が生まれる。

「注文はお任せのみ」とのことなので、心ゆくまで『鳥かど』の世界観を堪能すべし。


焼き鳥はおじさんっぽい店ばかりじゃない!全部覚えておきたいオシャレ焼き鳥ぞろい!



「ささみたぷなーど」(左)は、アンチョビ入りタプナードでフレンチな味わいに変化。「ズッキーニ」はラルドのせ。熟成した脂の旨みが野菜の瑞々しさを引き立てる。以上5本コース1,400円〜
ワインと焼き鳥のマリアージュを楽しむ
『シノリ』

次々と繰り出されるワインと焼き鳥のマリアージュの虜にさせてくれるのが『シノリ』。

フレンチ出身のシェフ山中良則さんは、炭火焼の面白さに魅せられて焼き鳥の世界へ。焼き鳥とビストロ。一見、遠い関係のこのふたつが見事に融合している。

マダムでソムリエールの志乃さんと息もぴったりに、ワインと焼き鳥の楽しいマリアージュに出合わせてくれる。



香ばしい皮付きの「ねぎま」。きれいな味わいだがコクを併せ持つヤン・ベルトランの「モルゴン」と

フレンチ出身とあって繊細な炭火使いで仕上げる焼き鳥は、ハケでシェリービネガーをさっと塗ったり、仕上げに胡椒や柑橘系の香りをまとわせたりとひと手間をかける。

これは串の完成度を高めるという意味もあるが、テーブルごとに飲んでいるワインが違うので、焼き鳥がワインに近づくように味わいを変化させているのだ。



カウンターやテーブル席など全24席

焼き鳥だけでなく、炭火焼の黒板メニューもハズせない。ジビエの時期には山シギやイノシシ、グランドメニューではカモやハトなどが並ぶ。

滋味深くナチュラルな味わいのものを中心にそろえたワインのセレクトも秀逸で、シノリの料理と一緒に味わえば至福の組み合わせとなる。




メニューは「おまかせコース」(1人前6,000円)のみ。〆を多彩なメニューから選べる楽しさも!
都内きってのグルメ街の閑静なエリアに誕生した注目店
『鶏 しま谷』

今までにない新しいスタイルで食通女子たちの話題をさらっているのが鶏専門店『鶏 しま谷』。

同店で提供されるおまかせコース(1人前6,000円)はなんと全23〜25品。しかも、「鶏料理=焼き鳥」というお決まりの発想さえ軽やかに越えてくる。

こちらで提供される「おまかせコース」は、まさに鶏を味わい尽くせる究極のコース。焼き鳥はもちろん、和食的な一品に、フレンチの技法を取り入れた料理、旬の野菜を使用した料理など、多種多様。

全23〜25品で構成されていながら、飽きることなく、提供されるタイミングも絶妙。



(写真手前から)「比内地鶏の砂肝のえんがわ」、「せせりと鴨のつくね」、「血肝」、「おたふく」、「マルハツ」、「東京シャモのもも肉」、「砂肝」など串だけで13〜15種が楽しめる

『鶏 しま谷』のコース最大の特徴とも言えるのが、串の合間に一品料理を挟む提供スタイルである。

串のみの焼き鳥コースに感じがちな単調さを一掃し、それでいて鶏の美味しさはより楽しめてしまう。



専用の裏口から入店し、小さな個室へ

鶏好きならずとも覚えておきたい最旬スポットである『鶏 しま谷』。

グルメな大人を虜にするもうひとつの隠れた魅力は、お忍びデートを可能にする店の造りにある。なんとこの店には、個室専用の入り口があり、メインの客席であるカウンター席を通過せずに、個室へと入ることができるのだ。

こんなお忍びデートに最適のスポットを、恵比寿の遊び慣れた大人たちが放っておくわけがない。

※メニュー、内容などは4月より変更の可能性が有り


欲張りな女子も、ここなら満足!



自慢の焼き鳥3種は、右から、「ささみのさび焼」280円、「伊達鶏のだき身」480円、「極上レバー」380円
部位ごとに厳選した鶏肉を使った究極の味わい
『えびす坂 鳥幸』

上質な空間で焼き鳥が食べられる『鳥幸』が、2016年秋に「恵比寿ガーデンプレイスタワー」38階にオープン。38階からの夜景と焼き鳥というギャップで、乙女心をそそる。

八ヶ岳地鶏、大山鶏など部位ごとに鳥を使い分け、それぞれに究極の味わいを追求している。



山型にこんもりと丸みを持たせるように串打ちすることで余分な脂が落ちる

例えば、レバーは前日に絞められたばかりの新鮮な大山鶏を使い、クリーミーな味を実現。

とろりと煮詰めたタレが絶妙にからんで、食感との調和を生んでいる。



カウンター席のなかに焼き台があり、職人の手仕事ものぞける

串は頭の方を大きくし、塩加減も調整されているため「1人1串で頭からパクっと食べてほしい」そう。 流儀に従えば幸福な1串が味わえる。




手前から「さび焼き」、「金針菜」、「だき身」、「とろレバー」
欲張りな女心をくすぐる。ひと味違う一品料理の数々
『喜鈴』

焼き台に立つ社長の鈴木淳二氏、一品料理を作る料理長の出田啓二氏、接客を担当する店長の小石高運氏の3人のほど良い距離感のもてなしに、肩ひじ張らず寛いで食事を楽しむことができる一軒。

丹波黒鶏をメインに使用する焼き鳥が秀逸なことに加え、一品料理が他の焼き鳥店と一線を画する。

たとえば、「あんかけ出汁焼き玉子」は、茨城県産の紅孔雀の卵をオムレツのように焼き上げ、鰹出汁のあんをまとわせた逸品。

「白湯ラーメン」は、オリジナルの竹炭麺と、丹波黒鶏のガラを10時間以上煮込んだまろやかな白湯が、インパクト抜群で〆に最適だ。



ささ身、モモ肉、ムネ肉、皮がのった「刺身盛り合わせ」。「あんかけ出汁焼き玉子」。「白湯ラーメン」



凛とした空間。ワインは9カ国約40種をそろえる