男性は付き合っている彼女に対して、まったく結婚を見据えていないパターンと、きっかけさえあれば結婚してもいいと思っているパターンがあります。どの男性からも結婚相手に見られないタイプの女性というのは存在します。 今回は、男性が「この子ならいずれ結婚したいな」と思う決定的な理由をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

男性が「この子ならいずれ結婚したいな」と思う決定的な理由

1.仕事の支えになる

「仕事が辛い時に支えてもらったことがあるから、彼女なしでは今後もきついだろうなって思う。今後も仕事をしていくことを考えると、彼女の存在は大きい」(28歳・保険)

男性は自分の仕事をこのまま続けて、家族を食わせていけるのか。その覚悟ができないとなかなか結婚に踏み切れません。なので、仕事をする上で何かしらサポートする役割を彼女が担ってくれていると「この子となら結婚しても大丈夫そう」と思ってくれます。

2.安定している職業

「自分だけの給料で結婚できるか不安だから、相手も安定した職業だと安心できる。自分がいつどうなるかわからない」(28歳・飲食)

自分ひとりの稼ぎだと不安だという男性は多いです。貧しい思いをしてまで、結婚したいと思わない。結婚は嗜好品だと考える人もいます。なので、安定してそれなりにお給料をもらっていることがわかると、一緒になっても共倒れせずに生活できるイメージがわきます。

3.自分についてきてくれる確証

「自分が転職するときも、不安な顔を見せずに応援してくれた。世間体とか気にせずに自分についてきてくれるんだなと思ったときに結婚を考えた」(28歳・証券)

年収とか世間体とかじゃなくて、ちゃんと自分の人生についてきてくれる。一緒に歩もうとする姿勢が見えた時に、男性は心を打たれます。自分に自信がないときでも、ついてきてくれるとわかったときには「この子と結婚しよう」と固く決意することでしょう。

アプローチ次第で男性の気持ちは変わります!

男性が結婚を決意するには「この子を幸せにできる保証」を求めがちです。そんな保証、どこにもないのでどこかできっかけを与えなければ結婚にはたどり着けないでしょう。相手に対して結婚したい、人生に寄り添っていく覚悟を見せると、男性の気持ちも変わるので、じわじわとアプローチをしていきましょう!

(C)Geber86/Gettyimages(C)Halfpoint/Gettyimages