「Thinkstock」より

写真拡大

「Twitterが四半期決算で初めて黒字を計上した」

 株価の暴落が続く米ウォール街を駆け巡った、一筋の明るいニュースだった。短文投稿サービスTwitterは、米国時間2月8日に2017年第4四半期決算を発表し、9100万ドルの利益を上げたことを報告した。前年同期には1億6700万ドルの赤字だった。

 Twitterは2006年にサービスを開始し、すでに12年近くが経過するサービスとなった。株式上場からは4年が経過しているが、Facebook、Instagram、Snapchatなどに押され、ソーシャルメディアとしてはユーザー数と広告売上を思うように伸ばすことができない不遇の期間が続いてきた。

 Twitterは17年第4四半期に、7億3200万ドルの売上高を記録した。この数字は前年同期と比べ2%増だった。17年の他の四半期は前年と比べ4〜8%減であったことから、Twitterの売上にかかわるビジネスそのものが劇的に変化したわけではない。創業者でCEO(最高経営責任者)に返り咲いたジャック・ドーシー氏のもと、コストカットを推し進めた結果、黒字転換にこぎ着けた格好だ。

●ユーザーの伸び悩みと、存在価値の拡大

 Twitterの決算発表では、引き続き月間アクティブユーザー数が伸び悩んでいる様子がわかる。全世界での月間アクティブユーザー数は3億3000万人で、微増にとどまった。米国のアクティブユーザー数は6800万人で100万人減少した。この理由について、AppleのウェブブラウザSafariに組み込まれていたTwitter連携機能がなくなったことが、100万人減という大きな要因として指摘している。いずれにしても、新規ユーザーの獲得に苦しんでいる状況に大きな変化はない。

 その一方で、Twitterの存在価値はますます増している。米国のドナルド・トランプ大統領は大統領就任後も積極的にTwitter投稿を行っており、俳優や歌手、スポーツ選手などが利用するメディアとして注目を集めている。

 Twitterはテレビ放送やニュースなどの「ライブ」コンテンツに着目し、そうした映像とTwitterのタイムラインを同時に楽しむスタイルの定着を目指すことで、新たなユーザーと滞在時間の獲得に努めていくことになる。

●ヒントの多くは日本にある

 Twitterは英語圏などで、文字数制限を140文字から280文字へ拡大する措置をとった。日本語は引き続き140文字制限のままとなっている。こうした変更は、ひとつのツイートにより多くの情報を含めることができるようにし、ツイートを「情報単位」として充実させようという意図が透ける。

 また、ひとつの話題について連続的にツイートを行ういわゆる「ツイートストーム」を束ねることができるスレッド機能も用意した。こうして、端末的なツイートをより成立させやすくし、またTwitterを新たな意見表明のメディアとして活用できるよう整備をしている。同時に、位置情報や即時性などの特性も引き続き活用していく。

 Twitter活用については、その多くは日本にヒントが隠されている。

 たとえば11年に発生した東日本大震災をきっかけに、Twitterは気象・災害情報や都市のインフラ状況をリアルタイムに知る手段として、日本で定着している。米国でも、報道のヘリコプターが飛んだら、Twitterを確認すれば何が起きているのかを把握できる。

 以前Twitterへのインタビューの際、「Early Warning System」という言葉を使っていた。人々が暮らす上で、早期警戒の仕組みとしてTwitterを活用する視点は、日本での活用からその有効性を認識したという。

 また、ライブ放送との組み合わせについては、日本でジブリ映画が放送されるたびに瞬間ツイート記録が更新されたり、深夜アニメの30分ごとに数万件のツイートがハッシュタグ付きで流れる活用で先行していた。

 Twitterは2017年第4四半期に、1140回以上のライブストリーミングイベントを提供し、グローバルでの視聴者は前年同期比で60%増加した。日本での活用からの学びは、Twitterの存在価値を高め、なくなっては困るサービスへと成長する上で重要な意味合いを持っていた。

●劇的に変化をもたらす「次」の必要性

 17年第4四半期決算で初めての黒字を確保したTwitterだが、競合各社と比較してもユーザーベースの脆弱さが目立つ。

 Facebookは本体のサービスで月間アクティブユーザー数21億3000万人。傘下のアプリであるInstagramは8億人を超えており、Twitterの3億3000万人を大きく上回っている。そのFacebookも新規ユーザー獲得に陰りを見せ始めているものの、広告価値として8倍以上の巨大なソーシャルメディア勢力を維持している。

 特にInstagramは、競合となるSnapchatに対抗した24時間で消えるストーリーズ機能の充実を図り、アプリを開く頻度の向上に努めている。しかしTwitterは、前述のような文字数制限や連続ツイート機能、ライブ配信などの機能が追加されたが、Instagramのストーリーズのように、人々の行動を変化させる機能を提供するには至っていない。

 前述のように、Twitter自体が持つ社会的な意義の重要性は今後も維持されることになるが、Twitterにより多くの人々を集め、また利益をもたらす新しい機能の追加は、18年、ますます必要性が高まっている。
(文=松村太郎/ITジャーナリスト)