博多大吉(博多華丸・大吉)

写真拡大

7日放送の「たまむすび」(TBSラジオ)で、お笑いコンビの博多華丸・大吉博多大吉が、笹川友里アナウンサーの結婚式に出席するために、「大きな買い物」をしたことを明かした。

番組では、大吉が笹川アナから受け取った結婚お披露目パーティーの招待状の話題となった。笹川アナは昨年、元フェンシング選手で、現在は日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏との結婚を発表している。

大吉によると、招待状に「当日はブラックタイ(タキシード)でお越しください」と書かれており、「なんだ、これは?」と疑問に思ったという。笹川アナは、出席者にアスリートや著名な人が多いため「見た目がシャンとしていたほうがいい」と、ドレスコードを設けた理由を明かした。

しかし大吉は、いろいろな授賞式に出席することも多いであろうアスリートとは違い、「こちとら芸人は1円でも経費を削減しよう」という思いがあったため、タキシードを1着も持っていないという。

そのため、大吉は黒いスーツとネクタイで出席することも考えたが、それではマナーとして失礼にあたることもあり「この際だから(タキシードを)作ろう」と一念発起。実際、6日にタキシードを作りに行った大吉は、「ビビった〜高いね!?」と購入時の様子を振り返り始めた。

対応してくれた店員は大吉であることに気づいており、「タキシードだけでいいですか?」と気を利かせて聞いてきた。大吉はせっかくの機会だったこともあり、追加でスーツを2着作ることに。

実は値段を分かっておらず、「たぶん10万かな、1着。(3着で)30万か…」と推測しながら生地選びや採寸などをしていった。さらに「どうせ作るんだから…」と、職人が全て手作業で行う高級な縫い方を選び、チョッキも追加でオーダーしたとか。

すると「どんどん跳ね上がっていって…」「僕の暗算の中で、一瞬80万越えた」と明かす。そのためスーツ1着はキャンセルしたものの、結局タキシードとスーツ1着ずつで「50万超えた」と告白。笹川アナは「うわ〜〜〜っ! 大きなお買い物!!」と驚きの声を上げていた。

【関連記事】
「捨てるに捨てられない」博多大吉が今田耕司から譲り受けた幸運の家具
「目の前にあるアルコールを全部飲んでた」博多大吉が衝撃を受けた酒豪
「漫才がスベってしまう」博多大吉が明かすM-1放送後の影響に驚きの声