会合の様子、右から3人目が文大統領=7日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、青瓦台(大統領府)で開いた与野党5党の代表との会合で、北朝鮮核問題に関し「われわれは核を容認できない。究極の目標は核廃棄だ」と述べた。会合に出席した野党「正義党」の報道官が伝えた。

 文大統領は「今後どのようなプロセスで進めるか、過去の事例を参考にして進めるのかという部分でわれわれが知恵を出し合い、米国と議論しなければならない」とし、「まだ(南北首脳会談という)入口を越えていないので、本格的な議論は始めていない」と説明した。

 最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が「非核化を中心にして(北朝鮮との)交渉に臨むべきだ」と意見を述べると、文大統領は「当然だ」と応じた。