会合で談笑する文大統領=7日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、青瓦台(大統領府)で開いた与野党5党の代表との会合で、北朝鮮制裁の緩和の可能性について「(南北)首脳会談や対話のために制裁を緩和する計画はない」と明らかにした。会合に出席した野党「民主平和党」の院内報道官が伝えた。

 文大統領は現在北に対して加えている制裁と圧力は、国連安全保障理事会の制裁と米国の独自制裁だと説明。このうち独自制裁については韓国政府が一方的に解除できる立場にないとし、「核の廃棄や凍結、ミサイル問題、非核化問題は南北だけの問題ではなく、米朝間、国際的問題だ」と強調した。