画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ビックカメラは3月7日、オリジナルデザインを採用したニコンのコンパクトデジカメ「COOLPIX W100 E5」を発表した。東北新幹線で使われている「E5系新幹線はやぶさ」をイメージしたカラーリングに仕上げたのが特徴。防水性能や耐衝撃性能を備えており、新幹線好きの子どもをターゲットにする。価格は税別19,800円で、発売は3月16日。ビックカメラ、コジマ、ソフマップの各店舗のほか、ビックカメラ・ドットコムのみで取り扱う。

基本性能は2016年10月に発売した「COOLPIX W100」と同じ。水深10mまでの防水性能や耐衝撃性能、防じん性能を備えており、多少ラフに使っても破損しづらい。メニュー画面などをかな表記にするモードも備えており、子どもでも扱えるようにした。

本体にWi-FiとBluetoothを備えており、撮影した写真をスマホに自動転送する「SnapBridge」にも対応する。クラウドに画像を無制限で自動アップロードする機能も持つ。

COOLPIX W100 E5のおもな仕様は以下の通り。

撮像素子:1/3.1型CMOSセンサー(有効1317万画素)

レンズ:光学3倍ズーム(35mm判換算30-90mm相当)

手ぶれ補正:電子式(動画のみ)

感度:ISO125〜1600

液晶モニター:2.7型(約23万ドット)

無線LAN:IEEE802.11b/g

Bluetooth:Bluetooth 4.1

防水性能:IPX8相当(水深10m、60分までの撮影が可能)

耐衝撃性能:MIL-STD 810F Method 516.5-Shock準拠(1.8mの耐衝撃性能)

防じん性能:IP6X相当

バッテリー撮影枚数:約220枚

サイズ:W109.5×H67×D38mm

重さ:約177g (メモリーカード、バッテリー含む)