ネットギアジャパンは、宅内向けWi-Fiルーター「R6850」を3月28日に発売する。ミドルレンジに位置づけられる機種で、店頭予想価格は1万2800円。あわせてエントリーモデルのWi-Fi中継機「EX6110」も発売される。こちらは4680円。

 「R6850」は、比較的空いている5GHz帯で、最大1733MHzの通信速度で利用できる宅内向けのWi-Fiルーター。IEEE802.11ac/n/a/b/gに対応し、4本のアンテナを使い複数のデバイスが高速に通信できる4×4のMU-MIMOをサポートする。2.4GHz帯では最大300Mbpsで通信できる。ビームフォーミングやゲストネットワーク、ペアレンタルコントロールといった機能も用意されている。有線LAN側は1Gbps×4ポート。

 大きさは23.5×15.1cm。3月7日よりAmazon.co.jpで予約を受け付けており、予約すれば10%割引で購入できる。

R6850

EX6110

 一方、中継機の「EX6110」は2.4GHz帯と5GHz帯を用いた「Fast Laneテクノロジー」により、安定した通信を実現する。他社のルーターとも繋がってWi-Fiの電波を中継できる。こちらはAmazon.co.jpとNTT-X Storeで7日より予約を受け付けており、10%割引で購入できる。