写真=iStock.com/itasun

写真拡大

選択的夫婦別姓を困難にする、国際結婚に十分対応できない、出身地差別を助長する――など問題が多い現在の戸籍制度をいったん廃止し、マイナンバー制度をフルに活用した新しい身分管理制度をつくるべきだと主張する橋下徹氏。日本維新の会・足立康史衆議院議員と議論を重ねることで、現実の政策プランが浮かび上がってきた。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(3月6日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

(略)

■なぜ、今の日本維新の会に力強さを感じないのか?

▼選択的夫婦別姓に関するそれぞれの持論
〔足立案〕家族単位の今の戸籍制度を維持しつつ、夫婦別姓にしたい配偶者は旧姓を戸籍に併記する。
〔橋下案〕家族単位の今の戸籍制度を廃止。マイナンバー制度をフル活用した新たな管理制度の構築。それが直ぐにできなければ、戸籍を個人ごとの単独戸籍にする。

(略)

【橋下徹】シルバー民主主義の話に戻りますが、資産のある年金受給者にきっちりと課税したり、年金額を縮小したりするには、資産の把握が必要不可欠です。資産を多く持っている高齢者には年金は我慢してもらうしかありません。年金はあくまでも保険であって預貯金ではありません。老後の生活が大変な人にだけ年金を給付すべきです。

このように資産の有無によって年金額を増減させる年金制度に変えていくためには、マイナンバーに紐付けした資産管理制度が必要ですね。こうなると、僕の持論である新しい、効率性を徹底追求した管理制度が必要になってきます。ゆえに現戸籍制度の廃止。

出生地差別の完全解消、真の所得の再分配。そのために現戸籍制度を廃止し、マイナンバー制度をフル活用した個人ごとの新しい管理制度へ移行する。これこそ、新しい日本への針路の一つだと思います。

足立さんの政治的多数形成の苦労、霞が関との議論による現実的な制度設計の苦労は承知していますが、やっぱり経路依存的(これまでの制度を前提とする)な思考で進めるとインパクトがなくなっちゃいますよね。現戸籍にまつわる感情・情緒(家族の一体性)を基に夫婦別姓を実現しようとすると、足立案のように戸籍の改善止まりとなってしまいます。

本質的な解決を目指すと、夫婦別姓問題の解決だけではなく、その他の解決(公平・公正な年金制度、高齢者への公平・公正な課税、出身地差別の解消など)にも結びついていくんですよね。

これが周辺的問題の解決と核心的問題の解決の違いだと思います。

もちろん政治は口だけではダメな世界で、多数を形成しなければなりません。現戸籍制度を廃した抜本的な管理制度への移行というのは今の日本維新の会では多数にならず無理でしょうね。

そういうところが、日本の新しい針路を切り拓く力強さを国民の多くが維新に感じない理由の一つとなっているような気がします。

一部ネット支持者だけに拍手喝采を受けるウルトラライト的な主張を繰り返す政党よりも、これまでの政治が手を付けなかった日本の課題を解決しながら、日本の新しい針路を導き出す政党の出現の方を、国民の多くは期待していると思います。

維新は、「フロー課税からストック課税へ。受益と負担の徹底をはかる」ということを根本思想としていますが、その実行方法についての詰めが甘いです。

国税庁と日本年金機構・全国健保協会(旧社会保険庁)とを統合した歳入庁の設置ということを維新は政治的方針として掲げていますが、じゃあ歳入庁がどのように国民の資産を把握するのかと言えば、それは新しい管理制度を用いるしかないでしょう。

(略)

■国税庁の担当者と議論してわかったこと

【足立康史】維新では無理、ってハッキリ言われると、やりたくなってきます。

(略)

国税庁と2時間くらい議論しましたが、結論は、塾長のラインに一致しました。

ポイントは、

・マイナンバーを活用した新しい管理制度が必要
・新しい管理制度で資産を捕捉し、税制をフロー課税からストック課税へ
・新しい管理制度で社会保障の受益と負担を徹底する
・選択的夫婦別姓について

(※編集部注=以上の項目について、メルマガでは足立氏と国税庁との議論の経緯と一定の結論について公開してあるが、ここでは省略)

先の私の提案は、旧姓使用を選択した親と子の姓・氏が異なることを容認する提案なので、すでに相当ラディカルですが、現戸籍にこだわったために、ややこしい提案になっています。政治的メッセージとしては、実際にフライ(※橋下注―大きく取り上げられる)していません。

現戸籍は廃止し、マイナンバーを基盤とする新しい管理制度を目指す。新しい氏制度は、子どもの権利にも配慮しつつ可能な限り選択を可能とする。

役人と話をして、ようやく塾長の足下に近づいた気分です、汗。

■政策実現へ!? これが現実の改革実行プロセスだ

【橋下徹】僕はいつもバクっとした話をするだけですから。それをここまで詰められるとは。これが官僚の力。

この新たな管理制度は、あらゆることに応用が効きます。様々な問題解決、政策実行につながる可能性を感じますね。

維新が出している政策提言には、その実現プロセスが不明のものが多いです。じゃあ、どうやって実現するの? と問われると詰まってしまう。

税制や社会保障制度の抜本的改革を実行するには、管理制度の抜本的改革が必要不可欠なんですよね。

そしてこの新しい管理制度によって氏姓制度にまつわる問題(選択的夫婦別姓の否定)やこれまでの差別問題が全て吹き飛びます。無茶苦茶ラディカル。しかし日本の新しい針路として強烈なインパクトを放ちます。合理性で迫れば誰も反対できません。

マイナンバー制度をフル活用した新しい管理制度を構築することによって、今の戸籍制度を維持するための莫大なコストが削減できます。そして様々な政策・改革が実行できます。

こんな大きなバズーカ砲に対して、夫婦別姓を否定する人たちは、戸籍にまつわる家族の一体性という情緒を持ち出して対抗するのでしょうか。夫婦は姓・氏が一体であるべき、戸籍は夫婦一体であるべき、と。そんな対抗は、木っ端みじんに吹き飛ばされるでしょう。

新しい管理制度への移行というものこそが、日本の新しい針路を示す野党の主張だと思います。

(略)

以上メルマガ3回にわたって足立議員たちと論じてきたことが、現実の政治行政での改革実行プロセスだ。ちまたの学者や自称インテリ、そしてコンサルの意見・提言が如何に薄っぺらなものであるかを理解してもらえたと思う。改革、改革と口で言うのは簡単だし、言いっ放しの意見を言うのも簡単だ。しかしそれを実行しようと思えば、今回のような緻密な議論を途方もない範囲でやり続けなければならない。改革はマクロ(鳥の眼)のアプローチとミクロ(虫の眼)のアプローチの合わせ技で実行するもの。今回の議論はミクロのアプローチの典型例。まさに堅い板に穴をこじ開けていく作業(マックス・ヴェーバー)なのだ。

(ここまでリードを除き約2600字、メルマガの全文は約1万字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.94(3月6日配信)を一部抜粋し簡略にまとめ直したものです。もっと読みたい方は、メールマガジンで! 今号は《【シリーズ:激論】いよいよ改革プロセスへ! 夫婦別姓をどう考える?(その3)》特集です!!

(前大阪市長・元大阪府知事 橋下 徹 写真=iStock.com)