画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは3月7日、5GHz帯が1733Mbpsに対応するミドルレンジモデルの無線LANルータ「R6850」と、 エントリーモデルの無線LANエクステンダー(中継機)「EX6110」を3月28日より発売すると発表した。

「R6850」はミドルレンジモデルで、 1〜2人暮らしに最適なデュアルバンドWiFiルータで、5GHz帯が1733Mbps(2.4GHz帯は300Mbps)に対応。ポートは、1Gbpsポートが5(LANポート×4、 インターネットポート×1)。また、4×4 MU-MIMO(ムーマイモ)とインプリシットビームフォーミングにも対応。発売に先立ち3月7日より、 Amazon.co.jp限定で予約販売を開始する(予約購入で 10%OFFクーポン付き)。市場想定価格は12,800円。

「EX6110」は、無線LAN中継機(エクステンダー)で、既存の電波と拡張する電波に異なる2.4GHzと5GHzの周波数帯を用いた「Fast Lane(ファストレーン)テクノロジー」を採用し、 安定した性能を提供するという。接続する無線LANルータのメーカーを問わず、 無線LAN規格および日本国内の電波法に準拠したすべてのルーターに接続することができるという。市場想定価格は4,680円。

こちらも、 Amazon.co.jpとNTT-X Storeにて予約販売を開始する(予約購入で 10%OFFクーポン付き)。