若手イケメン力士が通い詰める旨い店リスト!

写真拡大 (全6枚)

力士は普段どんなお店で食事しているの? 誰もが気になる、力士が行きつけにしているお店。佐渡ケ嶽部屋出身の漫画家・琴剣さんに、グルメ力士たちがご贔屓にするお店と逸品を教えてもらいました!

力士はなぜグルメなのか?(後編)


元力士で現在は漫画家として活躍する琴剣淳弥さんが、現役時代に培ったネットワークを駆使し、力士たちがプライベートで通うお店を徹底リサーチ。力士をもうならせる絶品グルメとは!?

力士同士の口コミや食べログも使いこなして情報収集


「お相撲さんって実はとってもグルメ。力士同士でお店の情報をやりとりしたり、食べログを駆使しておいしいお店を探すことも多いんですよ(笑)」というのは、元佐渡ケ嶽部屋の力士で、現在は相撲漫画家として活躍する琴剣淳弥さん。「力士はなぜグルメなのか?(前編)」では力士がグルメである理由について語ってくれました。

琴剣淳弥/佐渡ケ嶽部屋出身。1976年に初土俵、1986年9月場所で引退。引退後は漫画家として活動をスタート。相撲漫画のほか、力士の化粧まわしや相撲関連グッズなど幅広く手がけている。

琴剣さん最新刊「相撲めし」(扶桑社刊)では、グルメ力士たちがプライベートで通うお店をリサーチしています。

人気若手力士ご贔屓の旨い店


石浦関ほか多くの力士が行きつけの喫茶「のらくろ」


出典:井垣利英さん

横綱・白鵬関などが所属する宮城野部屋の近くにあり、石浦関をはじめとした力士が多く通うというのが、曳舟の喫茶「のらくろ」。実はこちら、相撲ファンにはかなり知られたお店だとか。「マスターの厚意により、力士は何をどれだけ食べても900円と太っ腹!」と琴剣さん。石浦関のお気に入りはワタリガニが豪快に入ったワタリガニのトマトクリームパスタで、大盛りをぺろり完食。もちろん大盛りでも力士は変わらず900円。「さらに、お客が力士にご馳走する、いわゆる“タニマチ制度”があるんです(笑)」

豊山関が週6日で通っていたこってり系ラーメン「勢得」




出典:ひらーりんさん

豊山関の行きつけは、千歳船橋のラーメン店「勢得」。ラーメン好きなら知らぬ者はいない、行列必至の人気店です。豊山関は決まってラーメンの大盛りをオーダー。こってり濃いめのスープと自家製太麺にぞっこんで、スープまできっちり完食してしまうほど。学生時代から通いはじめて、多い時は週に6日足を運んでいたというから愛の深さがうかがええます。ただし近頃は周囲に太りすぎを指摘され、今は週3日にセーブ(!?)中とのこと。

 


本に載せきれなかったお店を紹介!


今年の1月場所で敢闘賞を受賞した阿炎と竜電。彼らのパワーの源を琴剣さんに教えてもらいました。

竜電関が愛する魚介出汁ラーメンの「こうかいぼう」 


出典:「一期一食」さん

一月場所で初の幕内入りで敢闘賞を受賞した竜電関が通うという門前仲町の「こうかいぼう」。メニューは基本らーめんとつけめんの二種類のみ。もちもちコシのある中細ストレート麺を、旨みたっぷりの魚介出汁でシンプルに堪能させます。箸で持つのも困難なほどやわらかく煮込んだチャーシューに、メンマのしゃきしゃき感も実にお見事! 「つけめんやラーメンは力士に総じて人気が高いですね。竜電関はイケメンで有名ですが、最近活躍が続いているのでさらに注目が集まりそうです」(琴剣さん)

5センチ超えの分厚いトンカツに阿炎関も夢中!「わとん」


出典:ririgonさん

竜電関とともに一月場所で敢闘賞を受賞した若手力士、阿炎関が行きつけにしているというのが、両国の「わとん」。とんかつや生姜焼きなど豚肉料理が自慢です。「こちらの店主は相撲のコーチをしていて、阿炎も幼少の頃に教えてもらっていたそうです。何を食べてもおいしいけれど、なかでもとんかつが絶品。5儖幣紊△襪峺さで、じっくり揚げるので出てくるまで30分くらいかかりますが待つ価値ありの美味しさです!」(琴剣さん)

いずれも琴剣さんだからこそ聞き出せた、力士が本気で愛する逸品ばかり。ぜひともお店に足を運んで、力士をうならせた絶品グルメを味わって!

取材・文:小野寺悦子

撮影:森山祐子