スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ。

アカウントのセキュリティ診断は、こまめに行なうと安心です。

Googleのアカウントは、Googleが提供するさまざまなサービスやアプリを使う際に、何かと入力する場面がありますよね。複数のサービスを紐づけられて便利ではありますが、安全面のことを考えて、アカウントをしっかり管理することが重要です。万が一、パスワードが盗まれてしまうと、自分でもログインすることができなくなり、メールや連絡先、写真などが第三者に見られてしまったり、削除されたり悪用されてしまう可能性も。アカウントを安全に使うために、もう一度確認しておきたいポイントを、Google広報さんへお聞きしてきました。

その(1)アカウントのセキュリティ診断をしてみよう!

Googleアカウントを持っている人は、使用頻度に関わらず、自分のアカウントが安全かどうか、今どんな状況かを一度チェックしてみましょう。Googleのアカウントページを開いて、「セキュリティ診断」を開始します。

Googleのサイトにアクセスして、マイアカウントページから行ないます。

診断の結果、私の場合は「1件の問題が見つかりました」と表示されました。詳細を開いて、新しい端末からのログインだったり、アカウント設定の変更だったりと、これらの操作が自分で行なったものだと分かれば問題なし!ログインした場所も表示されるので、見覚えのない場所からのログインであれば、すぐにパスワードを変更してアカウントを守りましょう。

問題があった場合は、パスワードを変更するなど、これ以上被害が合わないよう対策を。

さらに、「個人情報とプライバシー」から「個人情報」を一度確認してみましょう。「基本情報」を見てみると、他のユーザーに表示されるあなたの情報を編集することができます。

自分の情報が他のユーザーからどんな風に見えているのかを知ることは大切。

誕生日が登録されていますが、右に鍵マークがついていれば、非公開になっているので問題なし。私の場合は、性別のみが表示になっていることが分かります。変更したい場合は、こちらのページで行ないましょう。

「マイアカウントから、自分のアカウント情報がいつでも簡単にチェックできるので、こまめに確認することも大切ですよ!」

その(2)2段階認証プロセスでアカウントをしっかり守る!

第三者による不正アクセスからしっかりアカウントを守るためには、2段階認証プロセスを設定するのがおすすめです。

ここを有効にすると、ログインするたびに2段階で本人確認してくれます。

Googleのアカウントページを開いて、「ログインとセキュリティ」から、「2段階認証プロセス」を選びます。

「2段階認証プロセス」がオフになっている場合は、ここをクリック。

画面に自分が使用しているスマホの名前が出るので、こちらで合っていれば「今すぐ送信」をクリック。

自分が使用しているスマホの名前が合っているか確認します。

先ほど確認した自分のスマホにGoogleからメッセージが届くので、ここに記載がある確認コードを入力します。

「有効にする」をタップすれば、設定は完了です。

2段階認証プロセスを有効にすれば、パスワード以外で本人確認ができるので、万が一パスワードでアクセスされてしまっても、2番目の確認手順でアカウントを守ることができます。確認手順はスマホに届くGoogleからのメッセージや、バックアップコード、認証システムアプリなどが利用できます。

「アカウントをしっかり守るなら、2段階認証プロセスが断然有効です。まだ設定していない人は、今すぐ設定しておくと安心ですよ」

その(3)パスワードは使いまわさないのが大切!

Googleのアカウントでログインするときに、必ず聞かれるGmailアドレスとパスワード。このパスワードって、どんな組み合わせになっていますか?

安全面を考えるなら、できるだけ複雑にするのがベスト。数字・文字・記号を組み合わせる、実際にある単語は使わない、他のサービスで使っているパスワードを使いまわさないのがポイントです。そして、ずっと同じパスワードを使い続けるよりは、たまに変更しておくのも、アカウントを乗っ取られないために必要なことです。

「パスワードの変更は、マイアカウントで簡単にできます。セキュリティ面が気になる人はぜひとも変更しておきましょう。また、Chromeやパスワードマネージャーのようなサービスを使って管理するのもおすすめです」 

その(4)Googleマップの位置情報はしっかり管理!

「設定」>「Google Maps」>「位置情報」が「常に許可」になっていないか確認しましょう。

スマホの「設定」から、Googleマップがどんな設定になっているのかを確認しましょう。とくに、自分の居場所を表示する位置情報は、きちんと理解したうえで管理することが大切。「常に許可」になっていたら、できれば「このAppの使用中のみ許可」に設定しなおすのがおすすめです。

位置情報をオンにしておくと、Googleマップで現在地を表示してくれたり、写真を撮ったときに自動的に位置情報を取得してくれたりと何かと便利。一方で、いつ誰とシェアするかは、自分でしっかり管理したいものです。

☆☆☆

 

ひとつのアカウントでさまざまなサービスが利用できるGoogleアカウントはとても便利ですが、安全に使えなければ意味がありません。ぜひとも、セキュリティ診断や2段階認証プロセス、パスワードの複雑化などを参考に、安全で楽しくGoogleサービスを利用してみましょう。

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり