auが3月2日、スマホのテザリングオプションに関する料金改定を発表した。テザリングサービスの利用が実質「有料化」されることとなり、話題となっている。

auは、「データ定額20/30」というプランにおけるテザリングオプションの料金を2018年4月以降、月額1000円から500円に値下げ。さらに、3月末をもってこれまで適用されていた同オプションの無料サービスを終了することを発表した。また、「auピタットプラン」「auフラットプラン」でもテザリングの無料サービスが3月末で終了するため、結果的に、これまで無料で利用できていたテザリングオプションが、4月以降は月額500円で有料化されることとなる。

また、ソフトバンクでもテザリングオプションの無料サービスが3月末で終了し、4月以降はau同様、月額500円。ドコモについては、期限を定めない無料キャンペーンがまだ続いている。

auとソフトバンクが有料化することとなったテザリングオプション。Twitterでは、

“むしろテザリングを無料にして普及させればその分パケ代を稼げそうなものなのだけど。 なんで敷居を高くするのだろう。”
“テザリング有料マジ勘弁 年1,2回しか使わんのにその数回の為に… 持ってるG数どう使おうとそれはその人の勝手じゃないの…”
“auとソフトバンクはテザリングの料金を有料化するみたいね。 契約しているパケット数なら無料でもよいと思うけど、なんで有料化するんでしょうね?”

と、不満が殺到。スマホの場合、使用したデータ通信量に対して料金が発生しているので、テザリングで使ったデータであろうが、そうでなかろうが関係ないはずであり、テザリングオプションに料金が発生するのは納得いかないとの指摘が多い。

ちなみに、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルではテザリングオプションが無料。そのほかのMVNOでも、端末によってはそもそもテザリングができないものもあるが、「テザリングにオプション料金が発生しない」というのが主流になっている。そういった事情もあり、

“auとソフトバンクがテザリング有料?? アホかよ、格安SIMに負けてるとこそこやで”
“auとsoftbankでテザリングが有料化とかますます格安SIMだよなぁってなってる”

など、MVNOのリーズナブルさを実感するとともに、

“家の通信を全部モバイルで賄ってるので、格安SIMまでこの流れが来れば結構影響あり。”
“MVNOにも波及しそうで嫌。”

と、今後MVNOにも影響があるのではないかと心配する声も少なくない。

たしかに、これまでテザリングを無料で利用できていたのは、各社とも無料キャンペーンを実施していたからなのだが、かたや年に数回しか使わない人がいれば、かたやテザリングに頼っている人もいて、ひとくくりにはできない中での有料化に納得いかないユーザーは多い。今後、ドコモとMVNOがテザリングオプションの料金について、どう判断していくのか、注目が集まる。
(小浦大生)

■関連リンク
・テザリングオプション利用料、au Wi-Fi SPOT利用料の改定について | スマートフォン・携帯電話 | au
https://www.au.com/information/topic/mobile/2018-025/

・[更新]なぜ? auとソフトバンクの「テザリング実質有料化」 -- ドコモは有料化の予定なし - BUSINESS INSIDER JAPAN
https://www.businessinsider.jp/post-163168

・「テザリング 有料」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E3%83%86%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0+%E6%9C%89%E6%96%99