「メトロポイントクラブ」のロゴ。(画像: 東京メトロの発表資料より)

 東京メトロは3月24日より、PASMOで乗車するとポイントを獲得できるサービス「メトロポイントクラブ(愛称「メトポ」)」を開始する。

【こちらも】東京メトロ、直感的に分かりやすい旅行者向けの券売機を導入

 これまで東京メトロは、同社のクレジットカード「To Me CARD」会員限定に、同線の乗車や電子マネーの利用などに応じてポイントが貯まる「メトロポイント」を提供していた。今回の、「メトロポイントクラブ」開始により、To Me CARD会員でなくとも、事前に登録した記名・無記名PASMOのチャージ金額を利用して同線に乗車すれば、乗車日数に応じた「通常ポイント(デイリーポイント・ホリデーポイント)」、1カ月あたりの乗車回数に応じた「ボーナスポイント」を獲得できる。また、早期に登録した利用者には、期間限定入会ポイントをプレゼントするキャンペーンも実施する。

 デイリーポイントとボーナスポイントを貯めて10ポイントとなると、10円換算でチャージが可能だ。さらにTo Me CARD会員はメトロポイントPlusと併用して多くのポイントを活用できる。

 今後、東京メトロでは「オフピーク通勤・通学」を推進するため、朝ラッシュがピークを迎える前の時間帯に乗車した利用客を対象としたオフピークポイントの導入も2019年春に予定している。

 会員としての本登録や、10ポイントを10円換算でチャージするなどは、東京メトロの多機能券売機で行う。また、事前登録はパソコンやスマートフォンなどの端末から行う必要がある。

 3月24日から5月31日までに入会・登録した利用者には特別にポイントが付与される。ただし定期券ならびに企画券区間内の利用客に関してはこうしたポイントサービスは付与されない。

 東京メトロでは新年度を前に、学生や新社会人の利用が増えることを見越し、さらなる利用客獲得のブースターとして本企画を立ち上げたと言える。To Me Cardとの連携を図れば東京メトロ沿線の店舗を宣伝することにもつながり、地域活性化にも一役買いそうだ。