あったかもしれない人生――。これまで続いてきた人生を見つめ直し、いったんリセットしたくなるときがある。新しい人生を始めるのは勇気がいるし、不安もある。でも、せっかくなら違った人生を経験するのもいいんじゃないか。

 新たな人生を始めるためには、一度天国に昇り、神に近づかなくてはならない。クラシックには、精神が高揚する瞬間を捉え、天に昇る感覚を生み、神の世界を表現した曲がたくさんある。

 「このまま一本道の人生でいいだろうか」と迷う人、いままさに新しい人生の扉を開こうとしている人。天国に昇る感覚を体験させてくれるお薦めのクラシック音楽9曲を2回に分けて名盤とともに紹介しよう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

マーラー 交響曲第9番第4楽章


レナード・バーンスタイン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


 かのベートーヴェンが9つの交響曲を残して天国に旅立ったことは、後世の作曲家に大きなインパクトを残した。「第九交響曲」が日本でも大人気なのは周知の通り。まさにベートーヴェンの人生の集大成ともいえる曲に仕上がったことに異論がある人は少ないだろう。ところが、ベートーヴェンは次の交響曲を書かないうちに死んでしまい、文字通りの「集大成」という印象をこの曲に与えてしまった。そこで発生したのが、9つの交響曲を書くと死んでしまうというジンクスだ。

 マーラーはそのジンクスを真に受けたとされる。「千人の交響曲」というとりわけ壮大な曲を8番目に書いた後、番号のつかない「大地の歌」という曲を作り、さらには9番を作ってほどなく第10番の作曲に着手した。結局は、10番の作曲の途中で天に召される。数字のあやではあるが、ジンクスを守ってしまったのだ。

 しかし、そうした解釈とは関係なくこの曲が人生の集大成だと思われるのが、第9番の内容である。マーラーは、交響曲第1番から、人生の全てを描き尽くしたようなスケールの大きな作曲をしている。第2番には「復活」というタイトルをつけ、宗教的な編み方をも見せる。にもかかわらず、第9番は格別なのである。

 第1楽章では無から生命が生まれ出てきたような情景を描き、いつしか賛歌へと変わる。さまざまな人間のドラマを経た後に演奏される第4楽章は、マーラーの表現の極みといえる内容になっている。全バイオリン奏者が熱く弾く「ラ」から1オクターブ上の「ラ」への跳躍が、聴く者をすぐに天の高みに連れていく。そして、あまりにも美しい和音の変化が幸福な感情を呼び起こす。トランペットなどが加わって最高の盛り上がりを見せる部分は喜びの絶頂だ。その後、曲はだんだん静かさを増し、最後は無意識の底に戻ったかのような落ち着きを見せるのである。人生をリセットするときに聴くのに極めてふさわしいと思うのだが、いかがだろうか。

ブルックナー 交響曲第9番第3楽章


カール・シューリヒト指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


 マーラーよりも少しだけ早く交響曲第9番を書いたのがブルックナーだ。第3楽章は、この曲の最後の楽章なのだが、実は第4楽章も作曲するつもりだったようだ。しかし、肝心の「結末」を欠いているにもかかわらず曲の完成度は高く、演奏会で取り上げられることも多い。

 ブルックナーは、アダージョすなわちゆっくりした楽章の美しさに特に定評がある。実は世にも美しいアダージョとして存在しているこの曲の第3楽章もマーラーの例と近く、バイオリンの1オクターブを少し超えた跳躍で始まる。やはり神の世界に飛ぼうとしたのだ。

 教会のオルガニストを務めていた彼には、神の世界に近づく必然性があった。ブルックナーは曲想が壮大だがオーケストレーションは薄く、透明な響きを奏でる場面が多い。そこにこそ、清らかな天の響きを人は聴くのである。スペインのプラド美術館が所蔵するエル・グレコの《受胎告知》という高さ3メートルほどの縦長の絵には、マリアにキリストを身ごもったことを伝える天使が描かれた上空で、さまざまな楽器を持って合奏する天使たちが描かれている。天はやはり音楽で満たされていた・・・宗教家たちはそう考えていたのではないか。そしてブルックナーも天上の音楽を夢想して、この曲を作曲したのではないだろうか。

ベートーヴェン 交響曲第9番第3楽章

 上記2曲を取り上げたからには、ベートーヴェンの「第九」についても言及するべきだろう。ただし、ここで挙げたいのは「歓喜の歌」で有名な第4楽章ではなく、ゆっくりとしたテンポで始まる第3楽章である。


カール・ベーム指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


 まず感じるのは、この楽章は世の中すべての楽曲の中でも「美の極み」という表現をするのにふさわしいことだ。最初にソロで登場するのは、ふだんはどちらかといえばオーケストラを下支えすることが多いファゴットという木管楽器である。朴訥とした、そして丸みを感じさせるこの楽器のやさしい響きに、ベートーヴェンは世にも美しいこの楽章の「いざない」の部分を託したのである。ここをほかの楽器に演奏させていたなら、曲全体の印象もずいぶん変わっていたのではないかと思う。

 やがて、躍動感に満ちた流麗な旋律が始まる中間部に入ると、おそらく多くの人が天国に連れて行かれたような気持ちになるだろう。そして、第4楽章とは別の、喜びの叫びとでも形容したくなるような高揚の瞬間が訪れる。美に囲まれた幸福を感じさせてくれる名曲である。

ショスタコーヴィチ 交響曲第15番第4楽章


ルドルフ・バルシャイ指揮
WDR交響楽団


 旧ソ連において、内心は体制に反抗しながらも仕事では迎合したように見せるなどしてしたたかに生き抜いたことで知られるショスタコーヴィチは、交響曲第9番を書いた後、死なないためにある方策を施したと見られる。「第九」を思いっきり軽妙な内容にしたのである。そのおかげかどうかは定かではないが、全部で15もの交響曲を残している。しかし、ここで取り上げる第15番は、結局のところ最後の交響曲である。だからなのか、特に終楽章(第4楽章)が天に昇る美しさを表現している。

 ショスタコーヴィチは、ほかの作曲家が書いた旋律などを引用して自分の曲にしばしば組み込んでいる。この曲の第1楽章では有名なロッシーニの「ウイリアム・テル」序曲のトランペットのテーマがほぼそのまま引用されており、心地よいミスマッチを感じる。

 そして4楽章の冒頭では、なんとワーグナーが「神々の黄昏」という長大なオペラの一部を、はっきり分かるように引用している。そこにも天に昇る予感のようなものがあったと考えてもいいのではないだろうか。少なくとも筆者にはこじつけとは思えない。その後弦楽器による主部が始まると、それはもう透明で美しい世界の中をたゆたわせてくれるのである。「いつまでもこの中に身を浸しておきたい。終わるのが惜しい」とさえ思わせる。

 ショスタコーヴィチは、この交響曲を書く約10年前、共産党への入党を強制されたといい、そのときには自分へのレクイエムのような気持ちで弦楽四重奏曲(第8番)を書いている。晩年に書いた交響曲第15番の終楽章には、苦しかった人生を生き延びさせてくれた神への感謝の気持ちが込められていると、改めて思うのである。ぜひ、人生のリスタートを考えたときに聴いていただいきたい1曲である。

◎続き(残りの5曲)はこちら。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52500

筆者:小川 敦生