やました ひでこ  クラター・コンサルタント。一般財団法人「断捨離®」代表。  早稲田大学文学部卒。学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常生活の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。断捨離は、思考の新陳代謝を促す発想の転換法でもある。「断捨離」の実践的メソッドは、現在、日本のみならず海外でも、年齢、性別、職業を問わず圧倒的な支持を得ている。初著作『新・片づけ術 断捨離』(マガジンハウス)を刊行以来、著作・監修を含めた多数の「断捨離」関連書籍がアジア、ヨーロッパ諸国でも刊行され、累計400万部のミリオンセラーになる。現在、書籍の出版はもとより、Web・新聞・雑誌・TV・ラジオ等さまざまなメディアを通して精力的な発信活動を展開している。

写真拡大

新しい片づけ術として一世を風靡した「断捨離(だんしゃり)」ですが、「モノが片づいてスッキリした!」は「断捨離」の入口にすぎません。家の中の不要・不適・不快なガラクタを捨てるということは、お気に入りのモノだけを残すことであり、その繰り返しによって、マイナスの思考や感情、他者から押しつけられた観念(価値観)も手放すことができます。お金、健康、夫婦、親子、時間、結婚、離婚、家事、終活……の悩みも消えていきます。その結果、身も心も軽くなり、本当に大切なものが手に入るようになり、人生が大きく変わっていくのです。こうした断捨離の究極の目的を伝えるために、断捨離の提唱者である著者が集大成としてまとめた新刊『人生を変える断捨離』の中から、ポイントとなる項目を12回にわたり抜粋してご紹介していきます。

モノには執着心が貼り付いている

私は、長年にわたる断捨離の実践を通じて、「見えるモノ」を引き算していくことでココロの中の「見えない何か」も一緒に手放せた感覚になれる、という経験をしてきました。

では、「見えない何か」とは何でしょう?

最初の頃は「ああ、モノを捨てるとなぜかスッキリする」と感じただけでしたが、少しずつ経験を重ねるうちに「見えない何か」に対する考察が深まってきました。

モノには「執着」という接着剤が付いていて、モノがそこにあるだけで反射的に芽生えます。

これが「執着心」です。

ところが、「執着心」にはもう一つあります。

それは、自らの経験や思いに根ざした執着心です。

クローゼットからはみ出た1着の服を、私たちは1つのモノとして捉えていますが、それが、大切な人からもらったものなのか、なけなしのお金をはたいて自分で買ったものなのか。

多かれ少なかれ、その服には、持ち主それぞれのストーリー(物語)があります。

モノというのは、こうした物語が貼り付いた状態で目の前に存在しています。

ですから、そのモノにどんな「思い」を貼り付けているかによって、モノと自分との関係性が異なってきます。

つまり、モノは、ただモノであって、モノではないのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)