港区男子は、シビアである。

類まれなる才能で、一般人ではそう簡単に手にできないような大金を稼ぐ彼らは、強いこだわりを持っている。

「高ければ良い」なんて考えは、昔の成金の話だ。

2018年を生きる港区男子は、こだわりが強いからこそ買い物に対してもシビアである。

では一体、彼らはどんなものにお金を払っているのか?その実情を探ってみよう。




〈今週の港区男子〉

名前:アレックスさん(36歳)
職業:外資系人材紹介会社に勤務するほか、会社も経営
年収:ヒミツ
交際:未婚。既婚歴なし


カナダの名門大学を卒業後、28歳で日本に帰国


外資系のヘッドハンティング企業でアジア地区ナンバーワンの成績に輝いた実績を持ち、1人で年間1億を超える売り上げを叩き出す人物。

そう聞いて想像したのは、ギラギラした脂の乗ったビジネスマンだったのだが……。

タクシーから颯爽と降りてきた人物が、まさかその人だとは気づかないほど、長身の爽やかなイケメンなのである。

ジュエリーブランドの会社を経営する両親の元にロスで生まれ、8歳で日本に帰国。

高校からはバンクーバーに留学し、そのままカナダの名門・サイモンフレーザー大学でビジネスマーケティングを先攻。ちなみにこの大学は、カナダの大学ランキング上位の常連校。

卒業後はファイナンシャルアドバイザーとして5年働いたのち、28歳で日本に帰国した。あまりの輝かしいプロフィールに、眩暈を覚えるほどだが、本人はいたって淡々とクールに話す。

「日本に帰国したのは、バンクーバーに刺激を感じなくなったからかな。それと、バンクーバーの人間って、見栄っ張りが多いんですよね。稼いでいるように見せるために、わざとクレジットカードを多く持ったりとか(苦笑)。なんか、そういう仲間たちと一緒にいると、自分もそうなっていくような気がして、危ないなって」




日本で就職した3年目には、売り上げのアジアレコードを樹立


実はアレックスさんには双子の弟がいる。学校は違うが同じバンクーバーに留学していた彼は、ひと足先に日本に帰国していた。

「弟から日本はすごく楽しいし、それこそ刺激的だって聞いていて。それで帰国を決めました」

だが、カナダ時代同様、ファイナンシャルプランナーとして働こうと思っても、日本とは必要な免許が違うことを知る。

「受験しようにも、当時は日本語がヤバい状況で(笑)。ほぼ80%以上、会話にも英語が混ざってしまっていたから、受験なんて到底無理。そこで、現在勤めている会社に依頼者として相談したんです」

ところが、逆に自社へ来ないかとスカウトされる。

「ヘッドハント業界はもちろん未経験でしたが、セールスの経験はあったので、大丈夫かなって。給料も歩合の部分が大きいから、やり甲斐もあるし。それで今に至るまで8年間、そこで働いています」

冒頭でも紹介したが、香港、シンガポール、マレーシア、中国、日本を抱える東南アジア地区600人のトップに立ち、アジアレコードを作ったのは、就職後3年目だったという。

当然、年収は上がる一方。だが、「物欲がないんです」と彼は笑うが…。


40歳までに自社ビルを建てるのが夢


ハタチのころから「何歳までに何をするか」という目標を具体的に立ててきたというアレックスさん。

「ひとまず、今のところ順調です。でも40歳までに成し遂げたい目標がいくつかあって。そのひとつは、東京に自社ビルを建てること。あとは、アストン・マーチンに乗る、ジャガー・ルクルトの世界限定100本の時計(6,000万円!)を買う、かな」

十分、物欲はあると思うのだが……。

「今は物を買うよりも、お金はほとんど不動産投資や事業投資などに回してしまうんです。40歳になるまで待たなくても買えるものもありますが、今は必要ないと判断してる、っていうのが正しいかな」

大金を稼いでいるからといって浮かれることなく、着実に人生の駒を進める姿勢が伺える。たしかに、今の彼が身につけているものからは、過剰な派手さは感じられない。




「ジャケットはエストネーション、パンツはバナリパかな? 時計はGUCCIでメガネはRayban。普通じゃない?(笑)。ZARA、ユニクロも買いますよ。あとは、弟がラグジュアリーブランドに勤めているので、そこのファミリーセールでまとめて買うくらいかな」

服にはお金をかけないというが、財布、名刺入れ、カードケースはどう見ても……。

「あ、これは表参道のGanzoでオーダーしました。全部で80万くらいだったかな。実は1年前に購入したんですが、おろしていなくて。でも今年は勝負の年だな、と最近使い始めました」




14棟のマンションを投資用にすでに購入済み


独立も視野に入れ、すでに何社か自分の会社も立ち上げている。また、5年ほど前から不動産投資にも力を入れていて、東日本橋、横浜、駒沢、新宿など立地のいい場所にマンションを購入。

だが、自身が住んでいるのは西麻布。家賃25万円の低層マンション、75平米の2LDKに1人で住む。

「今は車は持っていません。ガス代、保険、駐車場代など維持費をトータルで考えたら、タクシーのほうが合理的ですからね。そのかわり、どこに行くにもタクシーです。住む場所に西麻布を選んだのは、“タイムイズマネー”。会社と近いから」

自炊も好きで、キッチンにはホームベーカリーにヨーグルトを作る家電、圧力鍋まで揃っているそう。

基本、ライフスタイルはヘルシー志向。麻布十番の『グリーンブラザーズ』でサラダを買うことも多いし、ゴールドジムにも定期的に通っている。

何より驚いたのは、アルコール類は一切口にしないという点。ついでに言うと、タバコも吸わないそうだ。

港区住人にもこんな人がいるのだと素直に感心する。

さらに彼らしさが表れていたのは、彼の睡眠にかける投資額だった。


ベッドは皇室御用達ブランドで200万円


“人生の3分の1は睡眠時間”ということを、頭では理解していても、そこに投資するかといえば、優先順位は低いという人間は多い。だが、アレックスさんは正反対。




「睡眠は本当に大切。ただ寝ればいい、っていうことではなく、質の高い眠りをキープしたいんです」

そんな彼のお眼鏡にかなったのは、日本ベッドのもの。外国製は避け、日本製を探していた時に、青山のショールームで出会ったそう。

「千葉のファクトリーで作られている小さいコイルが特徴だそう。マットレスだけで100万円はしたかな。フレームを入れて200万円。購入を後押ししたのは“天皇陛下も使ってます”でした(笑)」




キングサイズのベッドに横たわると、どんな一流ホテルのベッドとも比較にならない寝心地のよさだという。

自分には惜しみなく投資する、それがアレックスさんのポリシーだ。

▶Next:3月14日 水曜更新予定
お金では買えないオーラを纏う、港区男子が登場。




撮影協力
アップステアーズ(Mercedes me Tokyo / UPSTAIRS)
東京都港区六本木7-3-10 メルセデス.ミー東京 2F