いまのアラサー神戸嬢を語るには欠かせないある“時代”が、神戸にはあった。

2000年代初期、今なお語り継がれる関西の「読者モデル全盛期」だ。

それは甲南女子大学・神戸女学院大学・松蔭女子学院大学のいずれかに在籍する、容姿端麗な神戸嬢たちが作り上げた黄金時代である。

しかし時を経て読モブームは下火となり、“神戸嬢”という言葉も、もはや死語となりつつある。

神戸で栄華を極めた彼女たちの、行く末とは……?




「寛子さんって、関西人なんですか!?めっちゃシュッとされてるから、東京の人なんやと思ってました……」

寛子が担当しているクライアントの男性が、目を見開いて驚く。

「ほんとですか?生まれも育ちも関西なので、私、めっちゃ関西人ですよ」

大阪出身の彼に関西訛りのアクセントで親近感を出すよう心がけながら、「東京の人だと思っていた」という男の発言に、寛子は内心ほっとしていた。

かつて自分が神戸嬢だった、とは絶対悟られたくなかったのである。

神戸嬢は、派手物好きだ。

時代はノームコアだ、ファストファッションだ、というが神戸では関係ない。ビジューつきの花柄ワンピースを身に纏い、メイクはしっかりめのチークとリップ。行きつけのヘアーサロン『CARE』か『WHITE HOUSE』で仕上げた巻き髪がトレードマークだ。

そして極めつけは、華奢な手に光るジェルネイルと、手元を飾る指輪である。カルティエやブルガリなどのジュエリーは、高校生の時から持っていて当たり前。

また既婚者においてはダイヤの大きさを競いあうかのように、婚約指輪を普段使いするのも、「神戸嬢」の証だ。

その数々を思い出し、寛子はすっかり白けた気分になった。その派手派手しい全てのものが、まるで小さい頃食べたペロペロキャンディのような、子ども騙しのモノに思えてくるのだ。

今日の寛子は、カッティングが綺麗なネイビーの春ニットに、白いパンツを合わせている。髪ももちろん巻いていないし、神戸嬢だったという過去は完璧に封印しているつもりだ。

しかしそんな寛子も、かつては“神戸嬢”の有名読モとして誌面を多く飾った女の一人であった。


寛子が神戸嬢として、カリスマ読モに上り詰めたキッカケとは?


いまからもう、15年ほど前。

兵庫県姫路市出身の寛子は、高校生のときから“神戸”に憧れを持っていた。

そのきっかけとなったのは、関西の読者モデルたちが誌面を飾る、女性ファッション誌である。ブランドバッグを片手に縦巻きロールの女性たちが醸し出す華やかな雰囲気に、一気に魅了されたのである。

―大学生になったら、私もこの世界に行きたい……!!

そんな憧れを抱いていた寛子は、神戸女学院大学を受験し、無事合格した。通称「神女」に決めたのは、女子大の中でも比較的偏差値が高く、名だたる企業への就職実績があったからだ。

神戸嬢のような華やかな世界に憧れていた寛子だったが、昔から成績優秀だったこともあり、将来は堅実に有名企業のOLを目指していた。

そして迎えた、入学式当日。

この日に、今後の女子大生活の暗雲が別れると言っても過言ではない。

ここで人気ファッション誌恒例の「入学式スナップスカウト」が行われ、スカウトされた女は、女子大のヒエラルキーのトップに君臨することになるのだ。

その基準は、“可愛い”ということは絶対のこと、ハイブランドのものを身につけているかどうか、一緒にいる両親の時計や鞄、乗り付けた車も見られている。

神戸嬢の読者モデルとして有名になるには、容姿と同じくらい、バックボーンが重要視されるのだ。




姫路出身、一般的なサラリーマン家庭で育った寛子には、武器となる“バックボーン”は何もなかった。

しかし容姿という点でいえば、群を抜いて目立っていた。ぽってりとした唇とまん丸の大きな目が特徴的な、可愛らしい顔。そしてその幼い顔立ちからは想像できない女性らしい体つきとほっそりした長い手足が、寛子の最大の武器である。

またこの日のために、寛子は年上の従兄から借りたカルティエのタンクを腕に巻き、母親が持っていたCHANELのマトラッセを肩から下げ、ドキドキしながらスナップ隊からの声かけをまっていた。

すると自分よりいくつか年上に見える若い女性が、構内のベンチで佇んでいる寛子に声をかけてきたのだ。

「いま、お時間大丈夫ですか?」

そう言って差し出してきた名刺には、寛子が高校生の頃から穴があくほど見ていた雑誌のロゴが書かれてあった。

「……はい」

そう言って目をぱっちり開けて、口角を少しだけ上げて微笑む。今日のスナップ用に練習した、自分が一番可愛く見える笑顔だ。

こうして寛子は、読者モデルとしての第一歩を歩み出すことになったのである。


神戸嬢読モたちの、華やかな女子大ライフとは……!?




大学の入学式から、1ヶ月が経った。

寛子は今日、入学式当日に同じスナップで声をかけられた利恵・由美子・舞と、いまはなき芦屋の『JOJO』でお茶をしていた。




神戸女学院の一回生代表として大きく掲載されたこの4人組は、学部の中では1、2番に目立つグループとなっている。

暖かい陽が差す『JOJO』の美しい空間に見事に調和した女友達を、寛子はうっとりと眺めていた。

入学式当日にスナップデビューを無事果たし、美しい女友達と有名読者モデル行きつけのカフェでお茶をしている。高校生の頃から思い描いていた“神戸嬢”としては、完璧な滑りだしだ。

寛子が満足感に浸りながらチーズケーキにざくりとフォークを入れると、4人の中でも一番お嬢様で大人びた由美子が、突然こう言い出した。

「私、バイトしようと思うねん」

その言葉に、皆驚きを隠せない。4人の中で一番率直にモノを言う利恵が、すぐ質問を畳みかける。

「なんで?由美子はバイトなんかせんでも、欲しい物はパパに買ってもらったらいいやん」

由美子の父親は、神戸でも名の知れた不動産会社の社長をしており、わざわざアルバイトなんかしなくたって、お金に苦労するはずはないのだ。

「いや、ちがうねん。あのブランドから、誘われてるねん」

そう言って由美子が口にしたブランドは、神戸のカリスマ読者モデル・菜々子がプロデュースする有名アパレルブランドだった。

寛子はそれを聞いて興奮し、思わず口走った。

「えっ……!?あの菜々子さんの!?そんなん、うらやましいわ……」

寛子が次に目指していたのは、皆が憧れる菜々子のブランドショップで働き、読モとしての箔をつけることだった。早くもそのチャンスを掴みだした友人に、一気に焦り始めた。

「なに、寛子ちゃんも興味あるん?」

そう言って由美子は、寛子に真っ直ぐ視線を向けた。

神女の中でも飛び抜けたお嬢様である彼女は、揺るぎない瞳で人を見つめる癖がある。寛子は自分の胸の内を悟られた気がし、気まずくなって目を逸らした。

しかし由美子はその様子に構わず、きっぱりとこう言った。

「もう一人、可愛い子探してるって言ってたわ。寛子ちゃん、紹介しようか?」

「え……」

あのブランドでのショップ店員のアルバイトは、通販サイト用の写真モデルをこなすことも多く、容姿の良い読者モデルが好まれた。

このチャンスを掴めば、神戸嬢のトップとして認められた何よりの証となる。寛子は気付かれないように小さく息を吸い込み、控えめに答えた。

「……いいの?」

すると由美子は「もちろん」と言って、その場でアルバイトを紹介してくれる先輩に電話をかけはじめた。

しかしそのときの寛子は、知る由もなかったのだ。

狭い女の園で起こる、数々の悲劇を―。

▶NEXT:3月13日火曜日更新予定
神戸の女の園で起こる、壮絶なマウンティングとは?