煮る時間はなんと約10分!リッチな味わいの「フレッシュいちごジャム」

写真拡大 (全5枚)

いちごが旬の時期。せっかくなので手作りジャムにチャレンジしてみませんか?季節の手しごとを得意とする、料理家中川たまさんにとっておきのレシピを教わりました。

たまさんのこだわりは、いちごのフレッシュなおいしさをできるだけ残すこと。そのために、なんと煮る時間は約10分と短め。強めの火にかけて、いっきにとろみをつけていきます。

お砂糖も少なめで、いちご本来の甘みを堪能。また、小粒のものを切らずにまるごと使うから、果肉感があってとってもリッチな味わいなんです!

いちごを煮るとピンクの泡(あく)がでてくるので、これを丁寧にとって、雑味のない味わいに仕上げるのもポイント。そしてこのピンクの泡、捨てずに残しておくとあとでおいしい思いができますよ〜。

牛乳に好みの量をのせるだけで、なんといちごラテが楽しめるんです!いちごのエキスと泡が自然に分離して、層になるので見た目もとってもおしゃれ♪
できあがったジャムはそのままパンに塗るだけでももちろんおいしいですが、レアチーズケーキなどにソース代わりにかけるのもおすすめ。つぶつぶ感があって、見た目も味もリッチなスイーツに仕上がりますよ♪

料理/中川たま 撮影/馬場わかな 文/編集部・上杉

『オレンジページ』2018年3月17日号より)