北朝鮮からチャーター機で京畿道・城南のソウル空港(軍用空港)に戻った特使団=6日、城南(写真共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は6日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団に対し、平昌冬季五輪・パラリンピック期間中の実施を見合わせている韓米合同軍事演習について「4月から例年の水準で実施することを理解する」と述べたと明らかにした。

 金委員長は演習の再延期や中止は難しいとの韓国側の立場を理解していたといい、同関係者は「特使団は金委員長との面談で合同軍事演習について取り上げられた場合、北側を説得しなければならないと準備していたが、その必要はなかった」と話した。