画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エレコムは6日、最大読み込み速度410MB/s(同社調べ)となるケーブル一体型のポータブルSSD「ESD-EC」シリーズを発表した。発売時期は3月下旬。ラインナップは120GBモデル、240GBモデルの2種類で、価格は前者が税込13,608円、後者が税込21,935円。

ケーブル一体型の薄型ポータブルSSD。同社による実測値で最大読み込み速度410MB/s、最大書き込み速度400MB/s実現し、同社が販売するHDD「SGP-NZ005UBK」と比べ、約4倍のデータ転送を実現したという。

本体にはヘアライン加工を施しており、ケーブルは側面に収納できる本体一体型デザイン。厚さは約11mm、重さは約44gと、薄型軽量となっている。購入者はパスワード自動認証機能付きセキュリティソフト「PASS(Password Authentication Security System)」を同社公式サイトからダウンロード可能。

インタフェースはUSB 3.1(Gen1)/USB3.0。本体サイズはW113×D48.5×H11mm(ケーブル収納時)。カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3種類。