「LINE Pay」が公共料金の支払いに対応。まず電気代から
LINE Payで公共料金を支払える「LINE Pay請求書払い」の提供が本日(3月6日)始まりました。

「LINE Pay請求書払い」は、請求書上に印刷されたバーコードをスマホで読み込むだけで、公共料金などを支払えるサービスです。第一弾として、東京電力の電気販売部門にあたる東京電力エナジーパートナーの請求書に対応。その後、4月上旬から電算システム、5月以降はSMBCファイナンスサービスや三菱UFJファクターが発行する請求書への対応を予定します。

これまで請求書の支払いには、対応店舗に請求書と現金を持参する必要がありました。「LINE Pay請求書支払い」を利用することで、スマホ上の操作で支払いが完了するメリットがあります。

サービスを利用するには、LINEアプリ内からLINEPayのアカウントを開設し、事前に銀行口座やコンビニなどで残高のチャージを行った後、手元の請求書上のバーコードをLINE Payのコードリーダーに読み込む必要があります。また、一部企業を除き、支払い時にLINEポイントも使えるようになるとのこと。