【各ジャンルのプロたちが選んだ!安くて良いモノ50】

【詳細】他の写真はこちら



安くて、しかも良いモノが欲しいというのは万人の偽らざる欲求だろう。でも、世の中そんなに甘くはない? いいえ、探せばあります、そんな選択肢。ここでは各ジャンルのプロがそんなお得なチョイスを紹介します!

価格はお手頃でも、実力は本格的な入門機



大画面の4Kテレビやホームシアターは多くの人が憧れる存在です。最近はぐっと普及が進み、価格的にもかなり安価なモデルが増えてきています。

HDRに対応した最新の4Kテレビも40V型クラスならば10万円を切る価格となりました。しかし、安価なだけでなく、機能的にも上級機に迫るものとなっているのです。多彩な動画配信サービスへの対応や録画機能なども盛り込まれ、満足度の高い製品が増えています。

それはホームシアターなども同様。臨場感豊かなサラウンド用スピーカーやワンボディで手軽に使えるサウンドバーなどが目白押しです。そろそろテレビの買い換えを考えている人は、この機会に本格的なホームシアターにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

No.1

HDR対応の4Kテレビがなんと9万円台で登場!





シャープ

LC-40U45

実勢価格:9万1670円

HDRに対応する4K液晶テレビのスタンダードモデル。広色域技術の「リッチカラーテクノロジー」や高画質エンジンの「AQUOS 4K-Master Engine PRO供廚鯏觝棔F眤▲好圈璽ーはオンキヨーと共同開発したバスレフ型スピーカーボックスを採用。高精度な音質補正を行い、クリアな音を再現する。動画配信サービスへの対応や2番組同時録画機能も備える。



画面の向きを自由に調整できるスイーベル機能付きスタンドを採用。背面には大型のバスレフ型スピーカーボックスを内蔵。スピーカーユニットの磁気回路も改良することで音の質感を向上した。

No.2

UHDブルーレイ対応のコンパクトな再生機





パナソニック

DMP-UB30

実勢価格:3万4980円

4K+HDR映像を収録したUHDブルーレイに対応した再生専用プレイヤー。視聴環境に合わせて映像の明るさを調整できるダイナミックレンジ調整機能も備える。横幅32cmのコンパクトなサイズながらも、多彩な動画配信サービスへの対応やホームネットワーク機能など多彩な再生が楽しめる。

No.3





パナソニック

HC-VX985M

実勢価格:6万4170円

片手でしっかり掴めるサイズとバッテリー内蔵で約395gという軽さを実現した4Kビデオカメラ。内蔵メモリーは64GBで、ズームは4K時で25倍となる。撮影した後から手ブレ補正やズームアップができる便利機能が充実し、撮影ミスを解消している。

No.4





ヤマハ

NS-P40

実勢価格:1万5950円

コンパクトなサイズのフロント/リアスピーカーが4台とセンタースピーカー、サブウーファーがセットになった5.1ch用スピーカーセット。サブウーファーは独自の「A-YST曲式」を採用し、コンパクトながらも迫力ある再生音を実現している。これで1万円台中盤という価格設定はうれしい。

No.5

低価格だがあなどれぬ迫力の最新サウンドバー





ソニー

HT-S100F

実勢価格:2万4710円

テレビ前のわずかなスペースに設置できるサウンドバー。ARC対応のHDMI接続だけで手軽に使えるなど、簡単操作が充実。2way構成のスピーカーでクリアな音を実現し、独自の「S-Forceフロントサラウンド」で迫力ある音場も楽しめる。ほか、Bluetooth内蔵でスマホなどの音楽もワイヤレスで再生が可能。

大画面テレビと合わせた横幅90cmのサイズながら、高さや奥行きをコンパクト化して設置性を向上している。ムダのないシンプルなフォルムのデザインを採用し、インテリアともよく調和する。

※『デジモノステーション』2018年4月号より抜粋。

text鳥居一豊