UCカード、SBIホールディングス、および、Orbは、2018年4月より、新たな決済インフラ活用の研究の一環として、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた地域通貨「UC台場コイン(仮称)」の実証実験を開始する。(写真は、今回の実験で使う顔認証技術のイメージ。グローリー株式会社提供)

写真拡大

 みずほフィナンシャルグループの一員であるユーシーカード(UCカード)、SBIホールディングス、および、Orbは、2018年4月より、新たな決済インフラ活用の研究の一環として、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた地域通貨「UC台場コイン(仮称)」の実証実験を開始する。
 
 「UC台場コイン(仮称)」は、スマートフォン上で決済・送金・チャージができるプリペイド型の地域通貨をめざす。その名の通りUCカード社員を対象として、お台場のUCカードオフィス内や近隣施設の飲食店等において、「顔認証」、または、「スタンプ認証」にてキャッシュレスで決済できる仕組みになっている。
 
 本実証実験においては、UCカードがコインの発行、かつ、決済業務を、SBIホールディングスがコインの発行・管理するシステムの運営を、そしてOrbがシステムのベースとなるブロックチェーン/分散型台帳技術Orb DLTの提供および周辺機能の開発をそれぞれ担う。本実証実験を通じ、決済分野におけるブロックチェーン/分散台帳技術の更なる可能性・有用性を研究し、お台場地域の活性化・キャッシュレス促進へとつなげていきたいと考えているという。
 
 SBIホールディングスが提供するシステムは、Sコインプラットフォームを使用する。Sコインプラットフォームは、SBIホールディングスが提供する、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々なデジタル通貨を発行し決済に利用することが可能なプラットフォーム。 
 
 Orb DLTは、Orbが提供する分散型台帳技術。決済や契約アプリケーションにおけるトランザクション処理や管理を支えるプラットフォームソフトウェア。
 
 今回の実証実験によって、UCカード、SBIホールディングス、Orbは、決済デバイスの変化や技術革新により創出されるフィンテック市場を見据え、様々な決済インフラを提供することでキャッシュレス社会を創造し、利便性向上を目指していくとしている。(写真は、今回の実験で使う顔認証技術のイメージ。グローリー株式会社提供)