発表資料

LINE Pay株式会社は6日、アプリのLINE上で利用できるサービス「LINE Pay」において、公共料金や通販などの支払いを請求書のバーコードをスマートフォンで読み込むだけでできる支払いサービスを開始すると発表した。

スマホのおサイフサービスとして提供されている「LINE Pay」。今回の支払いサービスでは、これまで請求書を持ってコンビニなどに行って現金で支払っていたのを、請求書のバーコードを読み取るだけで支払いが完了できるように対応した。

対応するサービスは公共料金や通販などで、対応は各企業によって異なる。

まずは、東京電力エナジーパートナー株式会社が対応し、4月上旬から株式会社電算システム、5月以降順次、SMBCファイナンスサービス株式会社、三菱UFJファクター株式会社が対応する予定。

発表資料
URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2078
2018/03/06