バンコク中心部にあるチャイナタウン 黄金の仏像が祀(まつ)られている寺院では、春節で参拝に訪れた中国人らが寄進したタイバーツが大量にぶら下げられていた(筆者撮影)

今年も大いに世界をにぎわせた中華圏の旧正月、春節。人民元高も追い風となり、海外旅行に出掛ける中国人が目立つ時期だ。

昨年の春節では、チャイナパワーを取り込もうと、国全体が真っ赤に彩られるほどの勢いで祝うオーストラリアの様子を「中国人観光客を引き寄せる豪州流おもてなし」(2017年1月28日配信)でリポートした。

今年注目するのは東南アジア諸国だ。昨今の不安定な東アジア情勢の影響もあって最も中国人が集中し、世界一の人気エリアとなっている。中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの統計によると、渡航先の人気ランキング1位は前年に続いてタイ。2位の日本を除いては、3位にシンガポール、4位はベトナム、5位インドネシアと、上位を東南アジア諸国が軒並み独占している。

さらには、中国が提唱する巨大な経済圏構想「一帯一路」のなかで、東南アジアは実に重要なポジションを占め、その存在感を強めている。春節に沸く東南アジアから、着実に根を張り巡らせるチャイナパワーの源泉を辿った。タイ、マレーシア、シンガポール、ミャンマーの4カ国におけるリポートを短期連載でお届けする。まずは、中国人の渡航先人気ランキング1位のタイだ。

春節の渡航先人気No.1のタイを訪れると

春節期間中の人気の旅行先トップの座を、昨年に引き続きキープしたタイの首都バンコク。その街並みは、中国で縁起が良いとされる赤一色に染まる様相を呈していた。筆者が宿泊したホテルのロビーでは、チェックインを待つ中国人の団体客らですべてのソファがほぼ埋め尽くされていた。


「富」や「財」などの文字が刻まれた金色の巨大硬貨のオブジェが出現 赤い服で着飾った中国人観光客や地元のタイ人で夜遅くまでにぎわっていた (筆者撮影)

案内してくれたホテルスタッフは、真っ赤なチャイナドレスに身を包んでいる。聞くと、春節を祝う中国人観光客に喜んでもらうため、この時期だけ特別に着用する衣装だという。部屋に入ってテレビを点けてみると、真っ赤に彩られた画面が「Chinese New Year」の文字とともに映し出され、春節を祝うさまざまな特典が紹介されている。

中心部を出歩いてみると、至るところに赤や金に輝くランタンや垂れ幕で飾り付けられた特設のステージや屋台がひしめく。売られているのはココナッツジュースやマンゴーのデザートなど、南国ならではのうまいもの。そのまま中国が持ち込まれたような雰囲気に包まれるなか、タイの味を満喫できる空間に、中国人観光客らも居心地が良さそうだ。

ショッピングセンターには、「財」「富」などの文字が描かれた金色に輝く巨大な硬貨のオブジェが登場。その前で写真撮影に興じる中国人観光客たちは、夜まで盛り上がりを見せている。道端に寝そべる犬までもが、赤いリボンを付けられて春節仕様の装いになっていた。


春節を祝う特設の屋台では、南国ならではのココナッツジュースやマンゴーのデザートなどが売られていた(筆者撮影)

翌朝、勢いよく鳴り響くけたたましい銅鑼の音で目覚め階下を見下ろすと、春節を祝う獅子舞の踊りとともに、金色に輝く龍が宙を舞うショーが行われていた。これも、ホテルで特別に手配したイベントだという。朝食のビュッフェ会場に向かうと、そこにはすでに行列ができており、無事席に着くまでに15分程待つことになった。列の前に並んでいた上海から来たという中国人一家は、タイに来るのが2度目だという。

「春節の連休で日本にも行ったことはありますが、タイは街中至る所で歓迎ムードが漂っていて、とてもうれしく感じる。中国語が通じる方も多いですし」と、にこやかに話した。

古くからタイに根付く華人の存在

確かに、タイが春節をここまで祝う雰囲気に包まれるのには、古くから根付いてきた華人の存在が大きい。古くはスコータイ王朝以前より中華系の商人が往来していたとされ、年々その数は着実に増え続け、現地タイ人との混血も進んできた。今や3世・4世にもなっている中華系タイ人は、中国語よりタイ語を母語として流暢に話し、アイデンティティもタイに属している傾向が強いといわれている。


バンコク中心部にあるチャイナタウンは、赤や金色の派手な装飾が施される(筆者撮影)

チャイナタウンには、そうした中華系タイ人が営む中華料理店や雑貨店が所狭しと軒を連ねる。中でも目立つのは、多くの人でごった返す「金行」。文字どおり「金」を売買取引する店で、渋い輝きを放つ金製品がたくさん飾られている。特に中華系タイ人の間では、資産の一部を金に換えて保有することが多いといわれている。


地元テレビ局の女性リポーターもチャイナドレスに身を包み、春節の盛り上がりをリポートしていた(筆者撮影)

中華街を端のほうまで進むと、約700年前に建立された「黄金仏寺院」がある。ここにもやはり、純度の高い金で作られた全重量5.5トンもの仏像が祀られており、輝く黄金の姿を一目拝もうと大勢の中国人観光客が訪れていた。寺院の中には、華人がタイに移住して中華街を築くまでに至った歴史を紹介する博物館も併設されており、貿易や港湾労働などでいかに苦労して財をなしていったかが、ろう人形やジオラマなどでわかりやすく説明されている。

政財界でも切っても切れない華人

今や、タイの政財界とは切っても切れない関係を築き上げた華人コミュニティは、タイ王室でさえも重要視する存在となっている。新年初日に開かれた、中華街のあるヤワラート通りで開催された春節祭には、シリントン王女が赤い上下のセットアップに身を包んで訪れ、その様子は地元紙の一面で大きく報じられた。その気さくな人柄から国民に慕われている王女は、実は、大の中国通でも知られている。

中国語を流暢に操り、中国文化の研究にも熱心なことから、タイと中国の文化交流にも大きな役割を担っている。さらに、式典に参加した中国大使も「中国とタイは一つの家族だ」として、春節の祝典は両国間の友好な関係を深める重要なプラットフォームであることを強調した。

王室だけではない。タクシン元首相や、その妹であるインラック前首相も中国系の血を引いている。経済界でも、財閥の創業者は華人系であるケースが多く、タイ国民の中には複雑な感情を抱く人々もいるようだが、もはやタイの政治経済にとって華人の存在はなくてはならない重要さを持つ。

中国が推し進める現代版シルクロード「一帯一路」構想にも、タイ政府は積極的な姿勢で乗り出している。中国雲南省からラオス、タイ、マレーシアを経てシンガポールに至る高速鉄道網の構築を支援し、昨年暮れには一部区間の起工式が執り行われた。タイのプラユット首相は、「タイを地域の交通のハブにする」と発言し、新たな投資の創出に意欲を示している。

緊密に絡み合う二国間の連携

現地の華人の存在も絡み、二国間の連携はますます緊密さを増してゆく。


春節に合わせチャイナドレスを着てレストランの呼び込みをするタイ人女性(筆者撮影)

タイでは昨年、外国人観光客3500万人のうち約3分の1が中国人で、観光収入は9兆円を超える規模に達している。もはや貴重な上客とも言える中国人観光客に居心地の良さを感じてもらおうと、タイはこうした現地の華人が築いてきた歴史や地域の特色をうまく活用し、新たな観光スポットとして打ち出すなど、巧みに観光戦略を推し進めている。

中国政府も春節の期間中、文化交流の一環として伝統武術などを演じる370人の演者をタイ国内に派遣し、お祭りムードを盛り上げるのに一役買っている。


路上でくつろぐ犬までもが春節仕様の赤いリボンでおめかしをしていた(筆者撮影)

イスラム教徒が多い他の東南アジア諸国に比べて、仏教徒が国民の大半を占めるタイにあっては、華人が土地に根付いて同化するのに比較的大きな障壁がなかったことも理由の1つだろう。

艶やかなチャイナ服姿で、路上に立ち笑顔でレストランの客引きをしていたかわいらしいタイ人女性はこう言った。「私はタイ人だけどこうして春節も祝うわ。友人にも中華系の血を引く人は多いし、中華系の血を引いてないタイ人を探す方が難しいくらいかもしれない。人種の差はもうほとんど感じることがないのよ」

(※)次回はイスラム教徒が国民の約6割を占めるマレーシアの春節を歩く。