中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

写真拡大

4日の楽天戦は31球全てセットポジション「マウンドに上がる直前に決めた」

 右腕から投じられる1球、1球に3万1282人の視線が集まった。3月4日、ナゴヤドーム。中日の松坂大輔投手が、楽天とのオープン戦で加入後初のオープン戦登板、そして本拠地初登板を果たした。オープン戦としては上々といえる観衆が集まり「平成の怪物」の現状、果たして“どれくらい投げられるのか”という点に関心が注がれた。

 内容としては、決して悪くはなかった。2回を投げて2安打2失点。アマダーに浴びた2ランは、追い込んでからのスライダーが甘く入り、相手が得意とする外角高めのゾーンにいってしまったことが原因だ。松坂自身も「僕のミス」と認め「シーズン中だったら、またちょっと違う攻め方をするんじゃないですかね」と語っていた。

 オープン戦はただ抑えるだけが目的ではない。バッテリー間でそれぞれ確認したいポイントがあり、その中で打たれた本塁打だった。シーズン中であれば、アマダーの大きな穴となる内角高めを突いていく攻め方も考えられる。そういった意味で捉えれば、打たれたことを大きく問題視することもないのではないだろうか。

 さて、松坂がこの日投じた31球は全てがセットポジションで投じられていた。ファンにとって、松坂といえばワインドアップのイメージが強いだろう。大きく振りかぶり、1度、2度と腰でリズムを取り、そこから投球フォームに入っていく姿を思い浮かべる人がほとんどだろう。だが、4日に関して言えば、その姿を見られることはなかった。

 松坂自身が登板後に説明した。

「今日は振りかぶっていこうかなと思っていたんですけど、前回もそうだったんですけど、セットポジションの方がバランスが良かった。投げやすい方を選んで、今日もマウンドに上がる直前に決めて、最初からセットでいきました。セットの時とバランスの違いというのが(あって)、(ボールが)暴れそうだなという感覚だったのでやめました」

ワインドアップへのこだわりを見せる一方で「ずっとセットでもいいかな」との思いも

 登板前のブルペンでの投球練習ではワインドアップでも投げていた。ただ、そこでの感覚が良くなく、登板直前にワインドアップでの投球を回避することを決断したのだという。ソフトバンク時代にもセットポジションやノーワインドアップなどにも取り組んでいた右腕。その時は、ワインドアップにすると、右肩を痛めていた時に染み付いた癖、「余計な動き」が出やすいと右腕自身が語っていた。そういったものが、まだワインドアップでは顔を覗かせるのだろう。

「この時期なので(ワインドアップで)投げなきゃいけない、使っていかなきゃいけないと思う部分と、セットポジションの方がバランスがいいのであれば、ずっとセットポジションでもいいかなという両方の気持ちがある」と語る松坂。周囲のイメージと同様に、自身もワインドアップへのこだわりがあることを隠さない。

「個人的に、ただワインドアップの方が見栄えがいいと思っているだけ(笑い)。僕は(ワインドアップの)見栄えが好きで、ずっとやってきて、こだわりの1つなので」との理由を語っており「できれば、ランナーがいない時は振りかぶっていきたいですね」という。やはり、松坂も最終的にはワインドアップで投げることを目指している。

 ただ、その中でも、4日のフォームに躍動感を感じた人は多かったはずだ。大きく腕が振れ、投げ終わった後に飛び跳ねるような動きが何度も出た。体が横振りになって出る一塁側に体が流れるのとは全くの別物の動き。肩の不安が徐々に薄れ、大きく、そして全力に近い出力で体が動かせるようになってきたということだろう。

「ペースとしては自分のペースで、不安なくやらせてもらっていますね。開幕はどうなるか分からないですけど、このペースでいって大丈夫だなというのが、今はあります」と、ここまで慎重に進めてきた調整に手応えを感じている右腕。実戦登板を重ねて行く中で、いつか、大きく振りかぶる松坂大輔の姿も見られるだろう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)