神戸製鋼の川崎博也社長が辞任の方針 一連のデータ改ざん問題の引責

ざっくり言うと

  • データ改ざん問題が相次いで発覚した神戸製鋼が、5日に取締役会を開いた
  • 問題の責任を取り、川崎博也社長が辞任する方針を固めた
  • 執行役員3人が不正を認識していたとされ、責任を問う声が強まっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング