安氏(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の有力政治家、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事(53)の広報秘書が安氏から性的暴行を受けたと告発したことを受け、警察当局は6日、捜査に着手した。

 安氏の広報秘書は5日、テレビに出演し、安氏から複数にわたり性的暴行を受けたと主張し、波紋を呼んだ。

 安氏は6日未明、自身のフェイスブックに「本当に申し訳ないと思う」として、秘書や支持者に謝罪。合意の上での関係だったと秘書室が釈明したことを「間違い」と否定し、「6日付で知事を退く。一切の政治活動も中止する」として、辞意を表明した。

 与党の有力な次期大統領候補の一人だった安氏は政界引退に追い込まれることになった。