エリック・バーカー(著)、橘玲(監修、翻訳)、竹中てる実(翻訳)『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』(飛鳥新社)

写真拡大

経営コンサルティングは、長時間労働と仕事のきつさで有名だ。だがあるコンサル企業が仕事関連の電話やメールを禁止する「完全休養日」を設けたところ、業務が滞ることはなく、むしろ会社全体の業績が上がったという。なぜ「働き過ぎ」は時間のムダなのか――。

※本稿は、エリック・バーカー・著、橘玲・監訳『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』(飛鳥新社)の一部を再編集したものです。

■超激務が常識の職場で敢行された実験

経営コンサルティングは、長時間労働と仕事がきついことで有名だ。週84時間労働はざらで、加えて頻繁な出張や絶え間ないメールチェック、そして多くの者が“パワーポイントによる死”(パワーポイント依存の発表が退屈で死んだように眠ること)に悩まされている。

研究者のレスリー・パーロウとジェシカ・ポーターは、考えてみた。

「もし世界最高のコンサルティング会社が突拍子もないことをしたら、何が起こるだろう?」

そこでボストン・コンサルティング・グループに依頼して、社員に完全休養の日(業務関連の電話、メールを禁じる)を定期的に取らせる実験を行った。

なんという発想だろう。同社社員の日ごろの殺人的ペースにしてみたら、それは考えられないことだった。たしかに社員は休みを取っているが、それは「緊急の際――日常茶飯事だった――には、いつでも出勤する」という類いのものだ。完全休養日(パーロウが言うところの「緊急事態のない休み」)は、事実上選択肢になかった。パーロウが最初に依頼した同社の共同経営者は、この申し出を断った。この奇抜な実験を快諾してくれる別のパートナーを見つけるまで、実に半年かかったという。

■社員も顧客もハッピーに

被験者になった社員がこの試みを気に入ったのは、想像するに難くない。旧来の休みを取っている社員に比べ、完全休養日を取った社員は「自分の職務に満足している」と答える傾向が23%高く、また、「毎朝会社に行くのが楽しみ」と答える傾向が24%高かった。さまざまな評価基準において、彼らは自分の仕事、人生について以前より満足しており、また、今後も会社にとどまりたいと考える傾向が高かった。

それはそうだろう。休みは気分がいいものだ。だが、結果はそれだけではなかった。完全休養日を取った社員は、「クライアントに以前より良いサービスを提供している」と答える傾向が11%高かった。しかも、このことはクライアントの評価によっても裏づけられた。完全休養を取った社員に対するクライアントの評価は、最低でも通常の社員と同等で、最高の場合には、通常の社員の評価をはるかに上回っていた。

ボストン・コンサルティング・グループはこの実験結果を無駄にしなかった。4年後には、同社の900チーム以上(30カ国にまたがる)が完全休養日を採用。従業員の勤務時間数は減ったが、なんと、会社の業績は伸びたのだ。要するに、平均的従業員にはおのずと限界があり、仕事量があまりに増えると、仕事の質に支障が出る。同時に、生活の質(QOL)も低下することになる。

2014年のギャラップ調査によると、アメリカ人就業者の39%は週に50時間以上働き、18%は60時間以上働いている。こうした残業がもたらす利益は何か? スタンフォード大学の調査によれば、無に等しい。55時間を超過すると生産性は急激に低下するので、「週に70時間働く者は、余分な15時間で何も生産しないことになる」という。生みだされているのはストレスだけだ。

社会科学と関連する経済的問題を扱う雑誌『ジャーナル・オブ・ソシオエコノミックス』に掲載された論文では、残業ストレスによる幸福感の減少は、残業代がもたらす幸福感の増加を上まわるとの調査結果が示された。お金では埋め合わせが利かない。

■科学的に実証されたリラックスの効果

楽しみやリラックスすることが、成功と関わっている点はほかにもある。例えば昨今、どこの企業もイノベーションの必要に迫られ、創造性を必要としているが、職場で長時間残業すれば新しい発想が浮かぶわけではない。むしろ逆だ。数多くの研究で、ストレスや残業を減らし、リラックスしてこそ創造性が発揮されることが証明されている。

事実、あなたが最も創造性に富む時間帯は、実は職場に着く前に訪れている。大半の人はシャワーを浴びているときに妙案が浮かぶという。ペンシルバニア大学のスコット・バリー・カウフマンは、72%の人はシャワーでアイデアがひらめいた経験があり、職場でアイデアが浮かぶ経験よりはるかに頻度が高いことを発見した。なぜシャワー中? 単純にリラックスできるからだ。そういえば、アルキメデスが「ユリーカ!(われ発見せり!)」と叫んだのは仕事場ではなく、のんびりと温かい風呂につかっていたときだ。

今日多く見られる常にハイペースな職場は、創造的思考に適した環境と対極にある。ハーバード大学のテレサ・アマビールは研究の結果、過度な時間的プレッシャーの下では、創造的な解決策を思いつく可能性が45%減少することを発見した。あらゆるストレスは、創造性のかわりに、「プレッシャーによる二日酔い」とアマビールが名づけたマイナス効果を生みだすという。しかも、人びとがストレスから解放された後も、何日か創造性が低下する現象だ。

本当の意味で創造的になるには、過度の緊張状態から脱して、心を自由にさまよわせる必要がある。空想にふけることは、実は問題解決と類似していると、研究者たちは考えている。この行為は、あなたが難題を解いているときに活性化する脳の領域と同じ場所を使う。空想にふけりやすい人びとが、問題解決に向いていることが研究結果でも示されてきた。

■睡眠時間が7時間を切ると優等生も劣等生に

そして休憩といえば、忘れてならないのが、私たちが毎日取る大きな休み、睡眠のことだ。あまたの理由で睡眠が大事なことは言い尽くされてきている(それでも、私は人一倍うるさく言おうと思う)。

当然だが、じゅうぶんな睡眠を取らないと明らかに脳の力が低下する。ワシントン州立大学医学部教授、ジョン・メディナは次のように説明する。

全科目でクラスの上位10%の成績を取っていた優等生がいた。ある調査結果によれば、彼女が平日に7時間未満の睡眠を取り、週末には平日より40分だけ多く眠ったところ、睡眠をじゅうぶん取っている学生の下位9%の成績になってしまったという。

脳の力は、回復するのに思った以上に時間がかかる。2008年にストックホルムで行われた研究では、5時間睡眠を数日続けた人びとの脳は、通常睡眠に戻して一週間たった後でも、まだ100%正常な状態に回復していなかった。

調査によると、睡眠は、意思決定や倫理、健康状態のみならず、インターネットでどれぐらい時間を無駄遣いするかにも影響を及ぼす。また、若さと美容を保つのに良い睡眠が必要なことも証明されている。さらにある調査で、人びとが睡眠不足になる前と後の写真を被験者に見せたところ、睡眠不足の写真では、魅力度の観点からの評価が顕著に低下することがわかった。

はいはい、たしかにあなたは大丈夫かもしれない。いや、それでもやはり大丈夫とは言い切れない。運転できると叫んでいる酔っぱらいと同じかもしれないから。本人は睡眠不足に気づいていないことが多々あり、そこが油断できないところだ。疲れを感じていないとしても、休息が充分取れていて、最適な状態で働けているとはかぎらない。

■6時間睡眠が2週続けば「酩酊状態」に

失礼だが睡眠不足かどうかという自分の判断も、疑ってかかったほうがいい。『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載されたペンシルバニア大学の睡眠研究者、デービッド・ディンジスの研究によると、4時間睡眠が2週間続いた被験者は、疲れているが特に問題ないと回答していた。そこで一連の試験を実施すると、彼らの脳機能はゼリーに近かった。6時間睡眠が2週間続いた被験者の脳は、事実上酩酊状態だった。平均的アメリカ人は何時間眠っているのだろう? ギャロップ調査によると、6.8時間だという。

なかには、毎晩、短時間の睡眠で平気だという人もいるが、あなたはほぼ確実にその部類ではないだろう。なぜなら、いわゆる「短時間睡眠者(ショートスリーパー)」は人口のわずか1〜3%だからだ(この症状を訴えて医師にかかる人はいないので、その実態を把握するのは至難の業だ)。

朝型人間には、病的なまでに元気で動きが速い人がいるが、短時間睡眠者は四六時中そんな感じだ。そうした状態を研究者は「行動活性化している」と言う。短時間睡眠者は、おそらく潜在性軽躁(そう)病(第1章で述べた疾患)、つまり軽度の躁(そう)うつではないかと考えられている。異常ではなく、ただ楽天的で、エネルギーがみなぎっており、感情的に立ち直りが早い。この“障害”は遺伝性で、hDEC2遺伝子の突然変異が関係している。

すなわち、遺伝子異常がなければ、あなたは短時間睡眠者ではない。ただ疲れすぎて、自分がどれほど疲れているかわからなくなっているだけだ。

----------

エリック・バーカー
大人気ブログ“Barking Up The Wrong Tree”の執筆者。脚本家としてウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、20世紀フォックスなどハリウッドの映画会社の作品に関わった経歴をもち、『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』は、初の書き下ろしにして全米ベストセラーに。

----------

(エリック・バーカー 写真=iStock.com)