夕食会の模様=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の面会と夕食会が5日に朝鮮労働党の本館で開かれたと、韓国青瓦台(大統領府)が6日、伝えた。韓国人が労働党本館を訪問したのは初めて。

 面会と夕食会は午後6時から計4時間12分にわたり行われたという。

 面会には先月の平昌五輪開会式に合わせ特使として訪韓した金委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長のほか金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一戦線部長らが参加。夕食会には金委員長の夫人、李雪主(リ・ソルジュ)氏や祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長、統一戦線部のメン・ギョンイル副部長らが出席した。

 青瓦台幹部は「(特使の訪朝は)結果が伴い、失望的なものではないと承知している。一定の合意があったようだ」と話した。

 特使団と金委員長は南北首脳会談に関しても合意したとされる。