男性のほうが節約志向!? 結婚後の夫婦のお金のこと

写真拡大

それまでは自分が稼いだお金は自由に使っていた人も、結婚したらそうはいきませんよね。稼いだお金は自分というよりは、自分を含めた“家族のため”のもの。でも、結婚したからといって、そう簡単にお金の使い方って変わるものでしょうか?

「結婚後のお金の使い方」の変化は?

少し古いデータになりますが、マネーフォワードが2014年8月28日〜9月2日に、マネーフォワードユーザー既婚者男女3078名を対象に「2014年夫婦のお金実態調査」を見ると、夫婦のお財布事情が見えてきそう。

Q.結婚してから、自分やパートナーのお金の使い方は変わりましたか?

【男性】

・変わった…54%

・変わっていない…17%

・分からない…18%

【女性】

・変わった…67%

・変わっていない…17%

・分からない…16%

同じ家庭の妻・夫に聞いているわけではないので一概には言えませんが、この結果だけを見ると、お金の使い方が変わった割合は、男性のほうが大きいようです。

とはいえ、「妻のお金の使い方が変わった」と感じる男性も54%いて、どちらも半数以上。性別を問わず、結婚をきっかけにお金の使い方が変わる人は多数派なのかもしれません。

老後に不安を抱く夫婦が多い!?

では、具体的にはどう変わったのでしょうか? 男女別に上位3項目を紹介します。

【男性】

1位:自分が節約するようになった…60%

2位:2人で意識して無駄遣いを減らした…37%

3位:老後の資金を意識するようになった…37%

【女性】

1位:自分が節約するようになった…53%

2位:老後の資金を意識するようになった…43%

3位:2人で意識して無駄遣いを減らした…35%

順位やポイント数に若干のズレはあるものの、男女どちらも項目は同じ。

「2人で意識して無駄遣いを減らした」については、ほとんど差はなく、結婚を機にお金の使い方を考え直す人は多いことがうかがえます。

しかし、「自分が節約するようになった」では、先に紹介した「結婚してから、自分やパートナーのお金の使い方は変わりましたか?」と同様、男性が上回っていて、もしかしたら男性のほうが意外と節約志向は多いのかも?

また、最近は「老後貧乏」や「30代で○○万円貯金」などが話題になることも多く、老後に備えてお金の使い方を改善する人も少なくないようです。

子どもを育てていると、想像以上に出費が多く、驚きますよね。そう考えると、「結婚後」とひとくくりにはできず、子どもの有無も関係してきそうです。

(文・三軒茶屋すみ子/考務店)