中国のなかでも、西南地方の内陸部にある貴州省は影の薄い地域である。省面積の9割以上は山地や丘陵で、一人あたりGDPも中国の一級行政区画(省・自治区・直轄市)33地域のうちでワースト3位。少数民族が多くて漢民族は人口の6割ほどしかおらず、伝統的な農村の価値観のなかで暮らす人も少なくない。

 近年はビッグデータ産業の振興政策が進められ、アップルがデータセンターの設置を発表したりもしたが、全体的に言えば中国人の誰もが認めるほどの「ド田舎」である。

 今年(2018年)2月28日、この貴州省の新聞『貴陽晩報』が興味深いニュースを報じた。2年前の年末に貴陽市郊外の農村・南白鎮後バ(土偏に覇)村で、結婚式の最中だった男性に重傷を負わせた新郎の親友3人に、合計9万元(約152万円)あまりの賠償金支払いが科されたのだ。なお、貴州省の農民・労働者の平均年収は3.9万元(約66万円)である。

 伝わるところでは3人は、大通りで結婚のお披露目パレード(中国では庶民でもド派手な披露宴をおこなう)の車上にあった新郎を捕まえて車列の最後尾にあった自動車内へ引きずり込み、抵抗する新郎を押さえつけてガムテープで口をふさいで手足の拘束を図った。新郎はこれに抵抗するなかで車から落下し、顔面から路面に激突。周囲は流血で染まり、被害者は顔面骨折のうえ身体障害が残ることとなった。

 すわ、痴情のもつれか長年の復讐か――? と思いきや真相は異なる。新郎とは子ども時代からの遊び相手だった親友らがおこなったのは、庶民的な漢族が婚礼のときにおこなう伝統的な習俗「鬧婚(中国語読みで「ナオフン」)」(婚鬧、鬧喜、鬧洞房など別称も多い)だったのだ。

昨年10月、広東省広州市でおこなわれた「鬧婚」の例。新郎が電柱に縛り付けられ、友人たちから大量の爆竹で攻撃されている。臀部にやけどを負ったという。在米華人ニュースサイト『多維新聞網』公式YouTubeアカウントより

◆特別公開中◆ 本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

 これは結婚式の前夜や当日などに、友人らが新郎や新婦、その付添い人などをからかう行為。だが、一般的に言ってものごとへの力加減が豪快になりがちな中国の地方のローカル社会においては、往々にしてやりすぎが発生する。一部の地域では、鬧婚はメチャクチャをやるほど結婚後の夫婦の絆が深まるという考えもあって、どんどんエスカレートしがちだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

結婚を祝われすぎて死亡する新郎も・・・

 たとえば昨年4月には貴州省安順市普定県で、新郎が街角の電柱に縛り付けられて大量の生タマゴをぶつけられる写真がネット上に流れ、「食べ物を粗末にするな」と非難を招く事件が起きた。昨年6月ごろと11月には陝西省安康市でも似た行為がおこなわれ、街角に縛り付けられた新郎が消化器で集中攻撃され、生タマゴなどをぶつけられた動画と写真が出回っている。

昨年6月ごろ、陝西省安康市で街路樹にくくりつけられて晒し者となり、大量の消火器やテープスプレーを噴射された新郎。これでも祝ってもらっているのである


 やりすぎて命にかかわるような事件も起きている。昨年11月には、山東省臨沂市郊外の蒙泉村で新郎が粘着テープでぐるぐる巻きにされて村の木に縛り付けられていたのだが、きつく縛りすぎたせいで顔が真っ青になり呼吸困難に。周囲の人から慌てて助け出される一幕があった。

 また、2010年11月には貴州省遵義市ビ(さんずいに眉)潭県で、新郎が結婚式当日の朝に親しい友人たちから服に大量の塗料をぶっかけられ、それを洗い流そうと近所のガソリンスタンドで買ってきたガソリンを用いたところ発火。全身の95%にやけどを負い、極めて重い身体障害を負っている。2013年2月には山西省太原市郊外で、友人たちから祝いのために殴られ続けた新郎が病院に搬送された後に死亡するという痛ましい事件も起きた

今年2月、貴州省の地方紙『遵義晩報』ウェブ版が掲載した「鬧婚」で祝われる新郎の姿(記事中の事例とは別)。こう見えても、あくまでも祝ってもらっているはずなのだが・・・


 これ以外に、新婦や付き添いの女性に対する鬧婚もなされており、なかにはエスカレートするうちに過度のセクハラ行為に発展する例もあるようだ。極端な事件では、2008年5月に河南省鄭州市郊外で、地元の若者4人が新婦の付き添いの女性にいたずらを続けているうちに歯止めが効かなくなり強姦行為に発展。逮捕されている。

都市部の住民にとっては「イヤな伝統」

 鬧婚の起源となる話は後漢の時代の文献に記載があるともいうが、諸説があり正確にはよくわからない。日本でも一昔前まで、披露宴の余興で男性友人らが下品な余興をおこなったり、新郎を胴上げしてわざと地面に落とすような危険ないたずらがあったことを考えれば、新郎新婦を荒っぽい方法で祝福する行為は、泥臭くて濃厚な人間関係が存在する社会では国家や時代の別を問わず広く見られるものだろうと考えられる。

 ただ、明清時代の地方文献を確認すると、過去の中国の読書人階層の人たちがこの「鬧婚」を嘆き、強く問題視するような記述をしばしば残している。想像するに中国のローカル社会においては、日本での結婚披露宴の悪ノリのレベルでは済まないような並外れて豪快な祝い方が、数百年以上にわたっておこなわれてきたのかと思われる。

(余談ながら、現在でも中国中部・南部の農村地帯や台湾の一部では、大往生した高齢者の葬儀の際になぜか女性を呼んできてストリップをやらせたり、芸人や歌手を呼んでパフォーマンスをやらせる風習が存在する。人間が結婚するにせよ亡くなるにせよ、非日常的なイベントの日にやたらに大騒ぎをするのが、土着的かつ伝統的な中国の農村社会の習慣なのだ。)

 一方でこうした風習に強い抵抗感を示すのは、まずはもちろん中国共産党だ。加えて、先進国的で垢抜けたライフスタイルを送っている都市部の中国人たちである。鬧婚については、国務院傘下の中国新聞網や国営テレビCCTVなどが「悪習」として批判的に報道しているほか、またネット上の大手質問サイト『知乎』などにも数多くの批判的な意見が投稿されている。

 ただ、ネットの投稿を観察すると、都市部の住民と思われるユーザーが「鬧婚は当事者にとって耐え難いはず」「封建的陋習(ろうしゅう)だ」と非難している一方で、農村から書き込んでいると見られるユーザーが「うちの村ではそこまで悪いことはない」「これも祝福の形だろう」と擁護するなど、意識のズレも見られる。

 鬧婚は数百年来の習慣であるうえ、娯楽の少ない地方社会では特別な日をきっかけにハチャメチャをやって遊べる貴重な機会でもあるため、なかなか根絶は難しいのだろう。結婚式での陽気な悪ノリ行為それ自体はあながち非難されるべきものでもなく、あくまでも「どの程度から先がやりすぎになるのか」という問題であることも、規制を難しくしている。

 今年2月末、国家主席の任期撤廃を打ち出して独裁体制をさらに固めた習近平政権は、追って開かれた第3回党中央委員会全体会議(三中全会)でもお決まりのスローガン「中華民族の復興」を主張。ナショナリストの習近平は、自身が演説で引用した中国古典のアンソロジーを刊行させるなど、中華民族の伝統にも強いこだわりを持つ人物である。

 しかしながら、鬧婚やストリップ葬式のような泥臭すぎる習慣も、やはり「伝統」の延長線上にある存在には違いない。為政者から見れば好ましいとは言い難いこうした習俗に、中国の当局が今後どう向き合い、どのように処理していくのか、筆者は個人的には大変気になっている。

筆者:安田 峰俊