「公園デビュー」の乗り切り方は、ビジネスにも通じるところがある。


 本来は微生物の研究者なのに、ビジネス書を書いたと思ったら最近になって子育て本を書くという、非常に変わったキャリアを積みつつある私だが、微生物も子どももビジネスパートナーも、共通点が多くて面白いと思っている。

 今回の記事では、近著『子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法』には収録しなかった、ビジネスにも通じるある「テクニック」を紹介したい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「公園デビュー」という深刻な問題

「公園デビュー」という言葉をご存じだろうか。新米ママが、子ども連れで初めて近隣の公園に遊びに行く、一大イベントだ。うまくママたちの輪に入れないと浮いてしまい、その後ずっと親子二人っきりで誰とも会話せずに遊ぶはめになりかねないので、とても緊張するのだという。

 そんな心理状態になってしまうのも無理からぬところがある。なにしろ、新生児の間は3時間おきの授乳をせねばならず、不眠でフラフラ。首がすわるまでは、抱き上げるにもそっと気をつけてやらねばならず、肌がまだ弱いから、長時間直射日光にも当てるわけにもいかない。というわけで、お母さんたちは首が据わるまでの3カ月間程度は、家の中にずっと閉じ籠りっきりの生活を続けている。

 もし見知らぬ土地に引っ越してきて、誰も知り合いがいない核家族の場合、新生児と二人っきりで家にこもることになりやすいので、誰とも話さないで1日が終わる。もし夫が仕事に忙しく、朝早く出て夜遅く帰宅する生活なら、夫婦で会話することもままならない。事実、私の知っている新米ママの例だと、1カ月間誰とも話さないでいたら、声が出なくなってしまったという。その孤独感は大変なものだ。

 疲労と睡眠不足に孤独感が募っていると、心も萎縮しやすい。数カ月ぶりの他人との会話ともなると、普通の会話をするのでもリハビリがほしいところ。だから、他者の会話の中に飛び込むための心理的ハードルはいやが上にも高くなる。そんな心理状態の中で「公園デビュー」を果たすことは、練習もろくにせずにオリンピックの舞台に出てメダルを取れと言われているような、無茶な状態だとも言える。

「公園デビュー」が深刻な問題だと捉えられているのは、以上のような事情があるからだろう。

自然に公園デビューを果たす方法

 ところが、うちの嫁さんを観察していると、いともあっさり「公園デビュー」を果たしていた。嫁さんは人並みに気後れもするし、上記のように、疲労、睡眠不足、孤独感も持っていた。なのに「どうしてスムーズに公園デビューを果たせたのだろう?」と観察していたら、面白いことに気がついた。

 よその子に感心し、驚いていたのだ。息子に語りかける形で「わあ、あのお兄ちゃん、足が速いねえ」「わ、あのお姉ちゃん、滑り台をヒューンって滑ったよ。すごいねえ」と嘆声を上げていた。

 自分が注目されていると分かった子どもたちは、ますますハッスルしてかっこいいところを嫁さんに見せようとする。「ぼく、こんなこともできるよ!」と話しかけてくる子も出てくる。

 すると「その子、おばちゃんの子?」と聞いてくる子が出てくる。「そうなの。この公園初めて来たんだけど、うちの子と遊んでやってくれる?」「いいよ! おいで!」こうして息子は自然と子どもたちの輪に入れてもらった。

 そのうち、うちの子がよその小さい子と遊ぶなんて珍しいと思いながら、嫁さんに声をかけてくる。嫁さんは遊んでくれて嬉しいので「遊んでもらっちゃって、ありがとうございます」と素直にお礼が言える。「どこに住んでるの?」という先方のお母さんの質問から始まって、自然に会話が弾んだりしていた。私はその様子を見て「すげえなあ」と驚いていた。

 私も嫁さんにならって「実験」してみた。息子に語りかける形で公園で遊ぶ子どもたちの様子を実況中継。「あのお兄ちゃん、高いところ上るなあ」「あのお姉ちゃん、雲梯(うんてい)上手だねえ」と。すると、やはり子どもたちはハッスルして、息子に「あそぼ!」と言ってくれたりした。

「感心」が他人との距離を縮める

 この「公園デビュー」のテクニック(?)は、ビジネスの場面でも使える。見たままを口にし、賛嘆するだけで、感心された側は悪い気はしない。親しみを持ってくれる。すると気にかけてくれるし、向こうから話しかけてもくれる。

 無理に相手に話しかける必要はない。「はあ、なるほど、そういうやり方もあるのか、なるほどなあ」と、別に聞かせようとも思わずに勝手に感心していたら、感心されている側は、もっといいところを見せたくなるし、自分のいいところを「発見」してくれた人には好感を持つものだ。あとは自然と、親しくなることができる。

 初対面の人と仲良くなるのが苦手だ、という人は多い。私もその一人だ。しかし仕事は、初対面の人だらけ。どうやって関係を構築すればよいのか、悩む人も多いだろう。それはこれから就職しようという新人だけでなく、部下を指導することになった人にも不安な気持ちがあるに違いない。

 そういう人は、この「公園デビュー」の手法を試してみるとよい。自分の身の回りの人を観察し、見たままを口にして賛嘆する。聞こえても構わないが、聞かせようとするわけでもなく、少し大きな独り言ふうに。それだけで人との距離はグッと近づける。

 人と親しくなりたいのに、どうしたらいいのか分からない人は、試してみるとよい。もちろん、見知らぬ土地に住むようになり、地域に知り合いのない中で育児をすることになった人も、この方法を試してみるとよい。地域の耳寄り情報を仕入れるのも容易になるだろう。ビジネスのネタを仕入れるにも、有効な方法だ。

筆者:篠原 信