長坂寿久(ながさか・としひさ)  一般財団法人国際貿易投資研究所客員研究員、逗子フェアトレードタウンの会代表理事。神奈川県逗子市生まれ。明治大学政経学部卒、現日本貿易振興機構入構、シドニー、ニューヨーク、アムステルダム駐在。1999年拓殖大学国際開発学部(現国際学部)教授、国際関係論(NPO・NGO論)、2013年退任。公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事、認定NPO法人ACE(児童労働問題)評議員等。神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会(会長)、日本フェアトレード・フォーラム認定委員長、等。映画評論家。オランダ関係では、アムステルダム市国際交流表彰(1997年)、蘭日賞(2009年)受賞。主な著書に、『新市民革命入門――社会と関わり「くに」を変えるための公共哲学』(2016年)、『NGO・NPOと「企業協働力」──CSR経営論の本質』(2011年)、『NGO発、「市民社会力」──新しい世界モデルへ』(2007年)、『日本のフェアトレード──世界を変える希望の貿易』(編著、2008)、『世界と日本のフェアトレード市場』(編著、2009年)、『オランダを知るための60章』(2007年)、『映画で読む21世紀』(2002年)[以上明石書店]、その他『オランダモデル』(日本経済新聞社、2000年)、『ユーロ・ビッグバンと日本のゆくえ』(集英社、2000年)『ベビーブーマー』(サイマル出版会、1988年)等多数

写真拡大

あなたは「自由」という言葉をどのような意味で使っているだろうか? 「自由」という言葉を辞書で引くと「他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意志や本性に従っていること」とある。そこから派生して、自分勝手に振る舞うこと、そうすることができる権利のことを「自由」だと考えている人も少なくないだろう。しかし、このような感覚でいると、海外、特にオランダに行ったときに面食らうことになる。オランダ人が考える自由は、私たち日本人のそれとは意味合いがかなり異なるからだ。では、オランダ人にとっての自由とはどのようなものなのか? それを知ることで、彼の国がなぜ売春や安楽死に対して寛容な立場をとっているのかが見えてくる。

日本に根づいていない「自己決定権」
オランダ人の言う「自由」とは?

武田隆(以下、武田) 先生は、「パートタイム労働が当たり前になると、もっと人間は自由になる」とおっしゃいました(第2回を参照)。この「自由」というのが大事なキーワードですよね。

 “Liberty”に対する「自由」という訳語が広まったのは、福沢諭吉の『西洋事情』によるものという説が有力ですが、「自分に由る」という訳はすばらしい翻訳だと思います。

 オランダの干拓地エリアに住む方々とお話しした時、実に穏やかなトーンで「私たちは自由を愛する人なのかもしれません」とおっしゃっていたのが印象的でした。彼らの言う「自由」というのは、どういうものなのでしょうか。

長坂寿久(以下、長坂) 先に、私たち日本人が教えられてこなかった概念として“Public”、つまり「公共」があるという話をしました(第1回を参照)。日本人の間ですっぽりと抜け落ちてしまった概念が、実はもう1つあるんです。それが「自己決定権」です。

 自己決定権、英語で言う“Right of self-determination”という言葉は、国連憲章の第1条第2項に出てきます。第1条の第1項は国家間の平和について目指すべきことが書かれている。そして第2項は、その国家間の平和を実現するために、人々の状況がどうあるべきかということが書いてある。その中に“the principle of equal rights and self-determination of peoples”と2点指摘しています。

武田 人々の平等と自己決定の権利、でしょうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)