米国発メキシカン「CHRONIC TACOS」が日本初上陸!人気のファストカジュアルを銀座で

写真拡大 (全6枚)

◆米国発メキシカン「CHRONIC TACOS」が日本初上陸!人気のファストカジュアルを銀座で

ファストフードとカジュアルレストランが一緒になった“ファストカジュアル”は、今アメリカで話題のスタイル。なかでもメキシカンは大きなシェアを占めているとか。2018年3月8日(木)に銀座で日本1号店をオープンする「CHRONIC TACOS(クロニックタコス)」は、アメリカやカナダで51店舗を展開するファストカジュアル・カリフォルニアン・メキシカン。現地で大人気のメニューを、銀座で堪能して。


日本限定メニューの「黒毛和牛すき焼きタコス」※ディナータイムのみ
メキシカン×和食の日本限定メニューも登場!
「CHRONIC TACOS」は、「CHRONIC(やみつきの意味)」という名の通り、一度食べたらやみつきになるおいしさが大好評。本格的なカリフォルニアン・メキシカンのタコスはもちろんだけど、今回はメキシカンと和食がコラボした日本限定メニュー「黒毛和牛すき焼きタコス」にも注目を。日本のすき焼き味に調味した国産黒毛和牛を、タコスやブリトーに包んで食べるメキシカンスタイルがユニーク。

このほか、夜のドリンクやおつまみメニューにも日本限定メニューが登場する予定だそうで、本国のファンも驚くようなラインナップになるかも。ランチタイムはお得なセットメニュー(タコスやブリトーなどのベース+チップス+ドリンク)を気軽にいただいて、夜は焼きリンゴハイボールや焼きレモンハイボールなど、フルーツを使ったバラエティ豊かなアルコールドリンクと一緒に味わうのがよさそう。


「カルネアサダブリトー」1090円
お店の名前はタコスだけど、それ以外にも、具材をたっぷり入れてトルティーヤで細く巻いたブリトーや、レタスとキャベツをたっぷり入れたサラダ、トルティーヤにチーズと肉を入れてパニーニ風にしたケサディアなど、メキシカンの定番メニューも充実している。

写真は牛肉をたっぷり入れて巻いた「カルネアサダブリトー」(1090円)。トルティーヤを揚げたクリスピーボウルにブリトーの具や牛肉を盛り付けたサラダ「トスタダボールカルネアサダ」(1500円)などもヘルシーなおいしさが楽しめる1品。


生地やトッピングを選んで、料理はフルカスタマイズでオーダー
料理は注文を受けてから目の前で作るので、できたての味を堪能できる。例えばタコスの生地は、「フラワー(小麦)」、「コーン」、「クリスピータコス(コーントルティーヤを揚げたもの)」の3種類から選べ、牛や豚など7種類のメイン食材に加えて、トッピングもサルサソースやチーズなど豊富なラインナップの中からチョイスできる。

保存料・合成着色料は無添加で、肉はすべて国産を使用。トルティーヤは遺伝子組み換えでない小麦とトウモロコシを使用するなど、安心安全な食材にこだわっているのも特長のひとつ。「タコスやブリトーなどは、小麦粉が主体のパンなどに比べて糖質が低めです。どの商品も野菜たっぷりなので、お腹が満腹になるのにとてもヘルシー。ダイエット中の方にもオススメです」と、広報担当者さん。


アーティストTewsr氏による手描きの壁画アート
印象的な手書きの壁画アートがある店内。オープニング特典も!
店内を飾るのは、アメリカから招いたアーティスト・Tewsr氏による印象的な手書きの壁画アート。こちらは、メキシコの伝統的なお祭り「死者の日」をテーマにしているそう。ゆったりとくつろげるソファ席もあるし、何よりもちょっと非日常なアート空間でメキシカンを味わえるなんてホットな体験かも。

また、オープン日の3月8日(木)から10日(土)までの3日間は、店内で同店の会員登録をしてフードを1人1品以上注文すると、ドリンク1杯が無料サービスされるオープニング特典があるとか。さらに期間中は、注文した商品の写真をSNSに投稿してスタッフに提示すると、次回来店時に使える「お好きなタコス1ピース無料券」がプレゼントされる。銀座で味わえる本場のカリフォルニア・メキシカン。オープニング特典でさらにお得に楽しもう。