KDDIは、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」を開発するティアフォーと業務資本提携を締結したと発表した。

 ティアフォーは自動運転のソフトウェア(OS)「Autoware」(オートウェア)を開発しており、2017年12月には一般公道で遠隔制御型自動運転システムの実験を実施、レベル4(無人運転)の自動運転に成功した。また近距離移動のための完全自動運転の小型電気自動車を開発するなどしている。

 KDDIは、国内外で展開できる、コネクティッドカーのための通信インフラの開発を進めており、高速・大容量な5Gの活用が期待されていることからも、ティアフォーとの実証実験を通じてネットワーク整備の準備を進めていくとしている。