康京和・外交部長官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は5日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が同日午後に訪朝したことに関して「われわれは北がこの機会を逃さず、真摯(しんし)に対話に臨むよう求める」と述べ、北朝鮮の非核化に向け米国と緊密に協力していくとの立場を示した。

 この日ソウル市内で開かれたメディア関係者の国際会議に出席した康長官は、「これまで北は米国と非核化に向けた対話に臨むという意思を見せていない。しかし、強力な制裁が科された状況下で米国との談判なくしては自らの核心的利益が保障されないことをよく知っているはずだ」と述べた上で、韓国政府が米朝対話実現の機会を模索する必要があるとの見解を示した。

 これに関連し、康長官は「平昌冬季五輪で米朝間の直接的な接触はなかったが、韓国政府は両国の代表団との議論を通じて米朝双方に直接対話する意向があることを確認できた」とし、今回の特使団派遣により北朝鮮の米朝対話への意志を探ると述べた。

 また「韓米両国は、北が核問題に対する態度を変えねばならず、その場合われわれは北により明るく豊かな未来を提供する準備ができているという共通の立場を堅持している」として、米国との協力関係を強調。その上で北朝鮮の新たな核実験やミサイルの発射実験は対話の雰囲気を損ねるしかないと指摘した。

 さらに、南北対話の再開について「北の具体的な動機が何であれ、このような決定は韓国政府の地道な努力に対する肯定的な反応だとみるべきだ」と評価。何よりも米国と北朝鮮の直接対話の実現が必要だとして、南北対話と米朝対話は相互協力により進められなければならないと改めて強調した。

 その上で、北朝鮮の対話に向けて各国と緊密に協力していくとし、北朝鮮核問題の根本的な解決と朝鮮半島での恒久的な平和体制構築のため、国際社会との協力を模索していく意向を示した。