イーマートが行った乾燥機などの展示イベント(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の家庭で、洋服のしわやにおい、ほこりなどを落とすことができるホームクリーニング機「スタイラー」と乾燥機が生活に欠かせない家電になりつつある。

 大型スーパー、イーマートは5日、昨年は乾燥機とスタイラーが洗濯機を含めた洗濯家電の売り上げの31.4%を占め、今年はこの比率が46.0%まで上昇したと明らかにした。2016年の時点では、乾燥機とスタイラーの売り上げが占める割合は4.7%にすぎなかった。

 イーマートは、乾燥機とスタイラーの売り上げが1〜2月に前年同期比350%急増するなど急成長を続けており、今年のうちに洗濯機の売り上げを超えると見込んでいる。

 売り上げの急増は粒子状物質や黄砂の影響と分析される。この二つの家電を使えば洗濯にかかる時間が減らせることも、共働き家庭などに歓迎されている。乾燥機には洗濯物に付いたペットの毛を落とす効果があり、ペットのいる家庭の需要も伸びている。イーマートで1〜2月に乾燥機・スタイラーを購入した人のうち、76.4%が共働き夫婦の多い30、40代だった。