画像提供:マイナビニュース

写真拡大

HowtoForgeに2018年3月1日(米国時間)に掲載された記事「Linux lscpu Command Tutorial for Beginners (5 Examples)」が、CPUに関する情報を出力するLinuxのlscpuコマンドの使い方を伝えた。lscpuは、CPUの種類やコアの数などを調べたいときなどに利用できる。

紹介されている使い方は次のとおり。

○lscpuコマンドの基本的な使い方

lscpu

○テーブル形式で出力

lscpu -e

○テーブル形式で出力(表示する項目を指定)

lscpu -e=cpu,node

○オンラインのCPUの情報のみを出力

lscpu -b

○オフラインのCPUの情報のみを出力

lscpu -c

○CSVのような形式で出力

lscpu -p

○CPUマスクの値を16進数で出力

lscpu -x

lscpuコマンドは普段が使うコマンドというより、CPUの情報が必要になった時などに使う必要があるコマンド。lscpuコマンドで得られるようなデータは「cat /proc/cpuinfo」などでも取得可能。

macOSでは「system_profiler SPHardwareDataType」や「sysctl hw」、FreeBSDでは「sysctl dev.cpu」などのコマンドで、似たような情報を取得できる。