画像提供:マイナビニュース

写真拡大

発売から間もなく3年を迎えるApple Watch。「利便性」というより、いつもの生活をちょっとだけ変えてくれる「サポーター」的な役割を担ってくれるもの、というのが、発売以来使い続けている私の実感です。あると便利! というより、気付くと何かを変えてくれていた、という感覚なんです。最近Apple Watchを購入した方、そしてこれから買おうかなと思っている方のために、私が感じた「Apple Watchが変えてくれたこと」をご紹介したいと思います。

○1)Apple WatchとSuicaの深いキズナ

日本国内でApple Payが使えるようになった時はけっこうな衝撃でした。何といってもSuicaをiPhoneに登録できるというのがスゴい。これでiPhoneケースにSuicaを差し込んで持ち歩く必要がなくなりました。ついでにクレジットカードも登録できるので、お財布を出さずに買い物をする機会がぐっと広まったわけです。

さて、そのApple Payですが、Apple Watchでも利用が可能です。Apple WatchにSuicaを登録しておけば、かざすだけで改札を通ったり買い物ができるようになります。初めはちょっと抵抗があるかもしれませんが、大丈夫、すぐに慣れます。

この春から電車やバスで通勤を始める方にとっては、特に便利なのではないでしょうか。Apple Watchに通勤用のSuica定期券、iPhoneには個人で使うSuicaを入れておけば、使い分けが簡単。物理的に2枚のカードを使い分けるとなると結構面倒なのですが、Apple Payで、しかもiPhoneとApple Watchに分けて入れておけば間違いを防げます。改札口では定期入れを慌ててカバンやポケットから探す手間なく、手首をかざすだけというのも助かります。

荷物がひとつ減るのもありがたいですね。私はカバンを替えるとカード入れなどの小物をうっかり移し替え忘れてしまうことがあるのですが、Apple Watchにカードを登録してあればその心配もありません。まあ、Apple Watchを忘れたら元も子もありませんが(笑)、時計って意外につけ忘れないものです。

忘れ物といえば、定期よりもお財布よりもiPhoneを忘れる方が一大事になる今日この頃。あっ、忘れた?! と焦ったことが一度や二度ではないみなさん(私です)、Apple WatchはiPhoneを音で呼び出す機能があるので、すぐに所在が確認できますよ。鳴らしてみてカバンの中から音がすれば大丈夫。部屋の中にあるはずなのに見つからない(私です)、という時にも活用できますね。