男性は女性の外見を重視しがち。容姿がいいと無条件でモテるものと思いがちですが、美人なのにモテない女性もなかにはいます。

たまに「何年も彼氏ができなくて困っているんです」なんて発言する女優やモデルの女性を見かけると、ビックリしてしまいますよね。一体なぜ、男性からアプローチされないのでしょうか?

今回は、どんなに顔やスタイルがよくても男性に「付き合うのは無理!」とナシ判定されてしまう女性の特徴をご紹介します。

金遣いが荒い

あまりにも金銭感覚がかけ離れていると感じると、男性は美人でも相手にしません。

常に高級ブランドを身にまとい、趣味は海外旅行。自宅は超高層マンションの最上階。あまりに遠い存在だと、どんなにキラキラオーラが出ていても、「お金がかかりそう」と思われてしまうものなのです。

もちろん、ごく普通のお金持ちなら同レベルの男性からアプローチされるので何の問題もありません。そうではなく、遊びたい欲求が高く、あまり稼いでいると思えないのに浪費している美人を男性は警戒します。

こういったタイプの女性は男性が自分にお金を使うのが当たり前だと思っているため、お店やプレゼントが安っぽいと機嫌が悪くなりがち。お金の使い方が同世代の女性とかけ離れていないか、一度確認してみましょう。

空気が読めない

美人でチヤホヤされるのに慣れすぎている女性は空気が読めない、周りに気遣いができないことが多いです。

例えば、雰囲気を壊すようなことをしたり、失礼なことを平気で言ったり、自分が中心になっていないとふてくされたり……。こんな女性と一緒にいたら、息がつまりますよね。

大勢で盛り上がっているとき、その場で言わなくてもいいことを言ったり、負の感情を露骨に出したりしていませんか?まずは、思ったことをすぐ口や態度に出さないようにしないと、男性から相手にされません。

自分の話ばかりする

どんなに美人でも、自己主張が激しく、自分にしか関心がなさそうに見えると男性は付き合いたいと思いません。普段、自分の話ばかりしている女性は要注意です。

「自分を知ってほしい」という気持ちが強すぎると、視野が狭くなります。相手が迷惑そうにしているのに話し続けていても、全く気づきません。また、自分の話ばかりする女性は人に話を合わせられず自分に相手が合わせるべきだと思っているため、自慢話も多くなりがち。

そんな話ばかり聞かされたら、例え同性でもウンザリするもの。人の話をちゃんと聞いているか、「私ってさ〜」「この前私も〜」などと人の会話を泥棒していないか、振り返る必要があるでしょう。

相手にだけ誠意を求める

プライドが高い女性、常に上から目線の女性もモテません。それは、自分は何もせず、相手にだけ誠意を求めようとするからです。

女性は美しいだけで価値がある思い込んでいて、「自分と一緒にいたいならそれなりのものを出してほしい」「あなたが私にどれだけの愛があるかを示してほしい」と高飛車に構えている。かぐや姫のように誠意をテストされては、「彼女にはしたくない」「そこまでこの子に頑張れない」と思われてしまうのです。

もしくは、少しでも大切にしてもらえていると感じないと怒る、不機嫌になる。心のどこかで、自分に誠意を示すのが当たり前だと思っていれば、それは態度に出てしまいます。モテない原因はそこなのです。

外見だけでなく内面の美も磨きましょう!

トロフィーワイフという言葉があるように、お金のある男性が若くて美しい女性をパートナーにすることもあります。しかし、それは限られたごく一部の男性だけ。「美人だったら何でも許す」と思うタイプの人はそこにしか価値を感じていないだけで、浮気の可能性も高いです。

ごく普通の価値観の男性と結婚や子育てを希望しているなら、あまり我が強そうな女性だと思われないことが大切。むしろ、女性らしい姿を見せることでギャップが生まれ、一瞬で恋に落ちる男性が増えるでしょう。